ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
仕立屋のニテチカさんが王さまになった話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

仕立屋のニテチカさんが王さまになった話

作: コルネル・マクシンスキ
絵: ボグスワフ・オルリンスキ
訳: 足達 和子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784039639103

6才から

出版社からの紹介

陽気な仕立屋ニテチカさん。ある日占いで「東へいけば、王になれる」と告げられ、裁縫道具一式を持っていざ出発!
「伯爵」と名乗るかかしを引き連れ、珍道中を繰り広げます。悪魔の家で食事に招待されたり、土砂降りの町に
ひっぱりこまれたり…波乱続きの冒険の末には、一体どんな運命が待ち受けている!?主人公2人の掛け合いが笑いを誘う、
とことん愉快な昔話。ポーランド人画家描き下ろしならではの絵も魅力です。

ベストレビュー

ポーランドの昔話

ポーランドの昔話ということで興味を持ちました。

ポーランドのお話って、そんなに読んだことがなかったかもしれません。

仕立て屋さんが主人公ということで、グリム童話にあるような感じかなあと思いきや違っていました。

最初にかかしに出会うところは「オズの魔法使い」を彷彿とさせます。

へんなうちで、ニテチカさんがその家の娘に見初められて逃げ出そうとするところがおもしろかったです。

ポーランド人の画家が絵をつけたということで、ポーランドの街の風景、色の感じはこんな風かなと思いを馳せました。

展開も今までに読んだものとは違って魅力的でした。

ちょっと長めですが読み応えがありました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


足達 和子さんのその他の作品

くつやのドラテフカ / 岩波少年文庫 美しいハンナ姫 / はしのうえのしあわせ ポーランドのむかし



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

仕立屋のニテチカさんが王さまになった話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット