十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
まがったかわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まがったかわ

作・絵: 吉田 遠志
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まがったかわ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年01月
ISBN: 9784897849911

絵本アフリカのどうぶつたちシリーズ 第3集 草原のなかま 全5巻

出版社からの紹介

旅を続ける大きなヌーの群れは、曲がった深い川に行く手を遮られてしまいます。川の向こう岸がくずれ、川に入ったヌーは出られず、また、後から次々と仲間たちが川に入ってくるので戻ることもできず、溺れるものがたくさんでました。このままでは大変なことになりそうです。
そんな時、ライオンたちが向こう岸でヌーたちを待ちかまえていました

ベストレビュー

壮絶なドラマです

吉田さんのこのシリーズは、同じ話が別の角度から繰り返されるので、ふしぎな感じがします。
ライオンシリーズと一緒に読むと、ライオンの気持ちとヌーの気持ちを感じることができます。どちらも生きているのですね。
それにしても、今回のヌーの大行進は壮絶です。
群集で行動するヌーは、リーダーが行動の決定権を持っているようです。
川を渡ろうとするヌーですが、渡りやすい場所を選ぶのではなく急な場所を渡ろうとしました。
渡っているうちに斜面が崩れたものだから多くのヌーが犠牲になっています。
それでも続こうとするのはヌーの性格なのでしょうか。
皮肉にも多くのヌーを救ったのはライオンが襲ってきたこと。
犠牲になったヌーはいましたが、逃げ帰るヌーの姿にヌーの群れは引き返すことを気づいたのです。
大自然の壮絶なドラマですが、人間社会でもダブらせることができると思いました。
たとえば軍国主義の中で振りまわされた国民のように。

絵本を見ていても、私の頭の固さは変わらないようです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

吉田 遠志さんのその他の作品

いなびかり / かんちがい / あたらしいいのち / まいご / かれえだ / じひびき



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

まがったかわ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット