庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ねずくんとらくんのあついあついあつい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずくんとらくんのあついあついあつい

  • 児童書
作・絵: たるいし まこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「ねずくんとらくんのあついあついあつい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年06月
ISBN: 9784834017700

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あまりの暑さにぐったりのねずくんととらくん。うちわや扇風機を持ち出しますが、かえって暑くなっしまいます。そして、ついには扇風機が大変なことになって……。

暑い日です。ねずくんととらくんは、あまりの暑さにぐったり。「あっ、そうだ!」ねずくんが古いうちわを持ってきました。ねずくんがあおぐと、「うあー すずしい」ととらくん。でも、しばらくすると、ねずくんは疲れてしまい交代です。なんども交代してあおぎあっているうちに、まえよりもっと暑くなってしまいました。「あっ、そうだ。もっといいもの おもいだした」とらくんが押入れの奥から大きな扇風機を運んできました。くびふりボタンを押して、風がくると「あー すずしい」。でも、風がむこうにいってしまうと「あついあつい」。なんだか、かえって暑くなったみたいです。「こんな せんぷうき、えいっ!」怒ったねずくんが扇風機をけとばしたとたん、さあ、大変……。

ベストレビュー

マンガのような幼年童話

幼年童話?
と、思って読んでいくと
マンガみたい(^^ゞ

表情豊かで
文字も少ないし
年中さんからでも
文字に興味のある子は
読んでしまいそうです

うちわや扇風機の様子は
わかりますよね

で、まさか!?の展開に
ゲラゲラ笑えそう

最後がいいですね
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たるいし まこさんのその他の作品

ぼくのなかのほんとう / おかあさんのおべんとう / あなたこそたからもの / わすれたって、いいんだよ / おはなし カイとナツ(あるふたごちゃんのものがたり) / たいくつなトラ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ねずくんとらくんのあついあついあつい

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83




全ページためしよみ
年齢別絵本セット