アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
そして 犬は走ってゆきます
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そして 犬は走ってゆきます

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そして 犬は走ってゆきます」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年6月
ISBN: 9784893092595

出版社からの紹介

人は暮らしてゆきます。
そして、犬は走ってゆきます。
五味太郎が描く、かけがえのない日々。
子どもにも、大人にも読んでもらいたい、
そんな絵本です。

ベストレビュー

実はすご〜く奥が深いテーマなんじゃない?

子ども向けというよりは、大人向けの絵本かもしれません。
図書館でペラペラめくって、私自身が気に入って借りてきました。

飛行機がうまく飛びません。風のせいかしら。設計のせいかしら。飛ばし方のせいかしら。飛行機の気分のせいかしら。むずかしいところです。犬が走ってゆきます。

こんな感じで、どのページも、それぞれの人が、それぞれのことをして、それぞれのことを考えています。共通してるのは、全く関係なく、犬が走ってゆくところです。(私のお気に入りは、三角形の面積のページとお母さんが魚をさばいてるページです。)

これって実は、すご〜く奥の深いテーマだと思います。
今という時間に、いろんな人がいて、いろんなことをやって、いろんなことを考えてる。自分とは全く関係のないところで、誰かが傷つき、苦しんでるかもしれない。反対に、自分がすごくつらくて苦しい時に、誰かは楽しくてたまらないことをしてるのかもしれない。でも、時は皆に平等に過ぎてゆくのです。どんなに、苦しくたって、それが一生続くわけではない。
そんなことを考える私って、考えすぎかしら?
五味さん好きの方は、ぜひ読んでみてくださいね。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / 絵本 むかし話ですよ / なんでもできる!? / いそいでおでかけ / げんきにおでかけ / ゆっくりおでかけ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

そして 犬は走ってゆきます

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09




全ページためしよみ
年齢別絵本セット