もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ほんとうに たいせつなもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほんとうに たいせつなもの

作: マックス・ルケード
絵: セルジオ・マルティネス
訳: 松波史子
出版社: フォレストブック

本体価格: ¥1,600 +税

「ほんとうに たいせつなもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ずっと たいせつにしたい本です。

 全米で100万部を超え、七カ国語に翻訳されているベストセラー絵本 「たいせつなきみ」の続編です。

 木彫りの小人、ウイミックたちの暮らす小さな村で、はことボール集めが流行だし、みんな競って集め始めました。 そうするうちに、はこやボールをたくさん持っているほど偉くて、人から高く評価されるようになってきたのです。 このことに心奪われたパンチネロは、名声を得るために、寝る間も惜しんで必死に働き、家まで売り払い、はことボールを次々に買っていきました。 みんなから「立派なウイミック」と評価され、気分の良いパンチネロでしたが・・。  
 ある日、作り主のエリに会い、人からの評価と引き替えに、大切な友達も、人を信頼する気持ちも・・ すべての幸せを失ったことに気付かされます。
 自分の愚かさに気付いたパンチネロは、エリの元で久しぶりにぐっすりと眠ることができました。 幸せな気持ちにつつまれて・・・。 

 物に溢れた、物質主義の世の中で、際限なく欲張りになり、人からの評価を気にして生きていく・・・ まさに私たちの姿がここにありました。 「ほんとうに たいせつなもの」は何か・・?  見失いそうになった時に、そっと開いて読んでみて下さい。
(かざぐるまさん 30代・ママ 男の子10歳、男の子8歳)

出版社おすすめ


マックス・ルケードさんのその他の作品

みんなうれしいクリスマス / たいせつなきみ / いちばんうれしいおくりもの / そのままのきみがすき ヤングアダルト版 / たったひとりのきみ たいせつなきみ 4 / きみはきみらしく たいせつなきみ3

セルジオ・マルティネスさんのその他の作品

大切なきみ

松波史子さんのその他の作品

トリフのすてきなけっこんしき / トリフのクリスマス



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

ほんとうに たいせつなもの

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット