もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
バナナをかぶって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バナナをかぶって

作: 中川 ひろたか
絵: あべ 弘士
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1998年03月
ISBN: 9784906379811

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

バナナをかぶったゴリラが、街へお散歩に出たら? うたうために書かれた詞に、あべ弘士さんのユーモラスな絵がつきました。新しいタイプの歌の絵本です。みんなでうたいながら、たのしんでください(楽譜付)。

ベストレビュー

歌の絵本(楽譜つきです)

これは「歌の絵本」なんだそうです。中川ひろたかさんが、詩を書いて、増田裕子さんがその詩に曲をつけたもの。増田裕子さんが実際に歌っているそうです。
歌うために描かれた絵本というのも珍しいですよね。途中、12コマ漫画があったり、アメリカチックないラストが描かれていたり。ゴリラのどこまでも広がる妄想が描かれており、とても面白いのです。
曲の最後、そう絵本の最後は「バナバナバナバナ・・・・」頭にバナナをかぶったまま、歩いていくゴリラの長い影。夕日に照らされたバナナの陰に赤とんぼが止まります。ここはサバンナかしら?それとも日本?

表裏表紙にこの絵本の曲の楽譜が掲載されているので、歌に自信があるかたは、ぜひ歌ってみてね。

(はんぶん×ずっこさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

中川 ひろたかさんのその他の作品

ともだちのやくそく / おとのさま、小学校にいく / あれ あれ だあれ? / ごはんのにおい / きょうふのおばけにんじん / おしりフリフリ

あべ 弘士さんのその他の作品

大造じいさんとがん / 手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

バナナをかぶって

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89




全ページためしよみ
年齢別絵本セット