だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
1、2、3 新装版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

1、2、3 新装版

  • 絵本
作・絵: タナ・ホーバン
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥650 +税

「1、2、3 新装版」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

みどころ

「写真絵本」と言うと、日本ではあまり馴染みが無いような気がしますね。特に「赤ちゃん絵本」はそんなに見かけないかも。 でも色々な物に興味津々!の赤ちゃんにとって、例えば「ワンワン」を見たら、本物、絵、写真、イラスト関係なく「ワンワン」。写真でも絵でもとっても新鮮な目で一生懸命見ます。そして自然に「ワンワン」というものを理解していくのですね。 せっかくそんな新鮮な目に見せる写真なのだから、やっぱりちょっとこだわりたい。アメリカの女流写真家、タナ・ホーバンによるこの絵本、アメリカでファーストブックとして30年以上も親しまれているそうです。 本のつくりはシンプルだけど、何度も引っ張り出して眺めたくなるこの魅力はなんでしょう・・・。何となくぼやっとした輪郭に鮮明な色。ちょっとレトロなケーキやクッキー。むっちむちの赤ちゃんの手、足。赤、青、黄のつみき。可愛くて懐かしい、こんな雰囲気で「色」や「数」のイメージが覚えられたらいいな、と思わせてくれる絵本です。 写真絵本のイメージを変えてくれるこの絵本、ちょっとおすすめです!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

1、2、3 新装版

出版社からの紹介

アメリカの女流写真家が赤ちゃんに贈る、美しくスタイリッシュな写真絵本。

ベストレビュー

おすすめ

2歳の娘と一緒に読みました。数字のお勉強ができる本です。写真がとても綺麗で見やすく、また分かりやすいです。数字とその数だけの○のついているのでそこを数えたり。娘のお気に入りは10のページの赤ちゃんの足です。
(Iママさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

タナ・ホーバンさんのその他の作品

あかあおきいろ 新装版 / ぼくはこどものぞうです / パリのおつきさま



たたかえ!じんるいのために!

1、2、3 新装版

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.93

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット