貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
1、2、3 新装版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

1、2、3 新装版

  • 絵本
作・絵: タナ・ホーバン
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥650 +税

「1、2、3 新装版」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

みどころ

「写真絵本」と言うと、日本ではあまり馴染みが無いような気がしますね。特に「赤ちゃん絵本」はそんなに見かけないかも。 でも色々な物に興味津々!の赤ちゃんにとって、例えば「ワンワン」を見たら、本物、絵、写真、イラスト関係なく「ワンワン」。写真でも絵でもとっても新鮮な目で一生懸命見ます。そして自然に「ワンワン」というものを理解していくのですね。 せっかくそんな新鮮な目に見せる写真なのだから、やっぱりちょっとこだわりたい。アメリカの女流写真家、タナ・ホーバンによるこの絵本、アメリカでファーストブックとして30年以上も親しまれているそうです。 本のつくりはシンプルだけど、何度も引っ張り出して眺めたくなるこの魅力はなんでしょう・・・。何となくぼやっとした輪郭に鮮明な色。ちょっとレトロなケーキやクッキー。むっちむちの赤ちゃんの手、足。赤、青、黄のつみき。可愛くて懐かしい、こんな雰囲気で「色」や「数」のイメージが覚えられたらいいな、と思わせてくれる絵本です。 写真絵本のイメージを変えてくれるこの絵本、ちょっとおすすめです!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

1、2、3 新装版

出版社からの紹介

アメリカの女流写真家が赤ちゃんに贈る、美しくスタイリッシュな写真絵本。

ベストレビュー

おすすめ

2歳の娘と一緒に読みました。数字のお勉強ができる本です。写真がとても綺麗で見やすく、また分かりやすいです。数字とその数だけの○のついているのでそこを数えたり。娘のお気に入りは10のページの赤ちゃんの足です。
(Iママさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

タナ・ホーバンさんのその他の作品

あかあおきいろ 新装版 / ぼくはこどものぞうです / パリのおつきさま



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

1、2、3 新装版

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.93

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット