もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
うみのないしょだけどほんとだよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみのないしょだけどほんとだよ

作: 竹下 文子
絵: 高畠純
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うみのないしょだけどほんとだよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784591087169

小学低〜中学年向

出版社からの紹介

ねぼすけのサメ、歌の苦手なイルカ、いたずら好きのエビなど、海のゆかいなないしょ話がいっぱい!

ベストレビュー

海の仲間たちの楽しい内緒話です。

竹下さんの作品には、惹かれることが多いです。
1つ1つの小さなお話にキラキラしたものを感じます。

この作品はシリーズになっていて、私は「アフリカの ないしょだけどほんとだよ」を先に読みました。
こちらは、アフリカに住む動物たちのちょっとした内緒話がつづられています。
どちらも5つの小さなお話に分かれています。
この「うみの…」ほうは
・ねぼすけのサメのはなし
・うたのにがてなイルカのはなし
・あわてんぼうのトビウオのはなし
・はずかしがりやのオオカミウオのはなし
・いたずらのすきなエビのはなし
というのが載っています。

どれも可愛らしくて面白いのですが、個人的には最後の「えびのはなし」が一番面白かったです。
字も絵も大きな童話なので、文字の読めるお子さんなら5,6歳からでも一人読みで楽しめると思いますし、
お父さんお母さんが1話づつ読み聞かせてあげてもいいかな〜と、思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり / すすめ!うみのきゅうじょたい / まだかなまだかな / ポテトむらのコロッケまつり

高畠 純さんのその他の作品

空で出会ったふしぎな人たち / モンスター・ホテルでパトロール / ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / イソップ物語



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

うみのないしょだけどほんとだよ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット