たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
カボチャばたけのはたねずみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カボチャばたけのはたねずみ

作・絵: 木村晃彦
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「カボチャばたけのはたねずみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年08月

4才〜5才向き
ページ数: 28 サイズ: 19X26cm こどものとも年中向き 2011年8月号

出版社からの紹介

ハタネズミの家族は、畑に実ったカボチャの実を家にすることにしました。お母さんはおいしいカボチャの料理を次々作り、お父さんはベッドを作ったりドアを作ったり、実を齧るごとに部屋はひろくなり、やがて立派な家が完成しました。カボチャのケーキを焼いてお祝いをしようとしたとき、大きな足音とともに、畑の主のおじいさんが、カボチャの収穫にやってきました……。

ベストレビュー

はたねずみのかあさんが作る南瓜料理が美味しそう♪

タイトルとはたねずみの家族に興味を持ったので図書館から借りてきました。南瓜を家にしょうと引っ越してきたはりねずみの家族は、とうさんは素敵なお家を作って行くし、かあさんが作る南瓜料理は、南瓜スープ、南瓜のコロッケ、南瓜のほくほく煮、南瓜の種のからいり、南瓜ケーキとかあさんが腕をふるって作る料理は、捨てるところがなく無駄にしないで
美味しそうなお料理ばかりでした。おじいさんは、南瓜の家に住むはたねずみの家族の為に南瓜を譲ってあげる優しさがいいなあと思いました。三人の子どもを守るとうさん、かあさん、優しいおじいさんで本当によかったです♪わくわく、どきどきもしたけれど、南瓜の家の中も素敵なのでいつまでも眺めていたくなりました♪
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


木村晃彦さんのその他の作品

あきちゃんとかみなり



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

カボチャばたけのはたねずみ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット