ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
タマゴ イスにのり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タマゴ イスにのり

  • 絵本
作・絵: 井上 洋介
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月10日
ISBN: 9784790252474

3〜4歳児
上製 20.7×27.9cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

イスと卵の不思議なコンビで始まるこの絵本。1画面1画面にさまざまな出会いがあります。メジロやちょうちょ、もぐらなどの生き物との出会い、海へ出た喜び、透き通るような空の広がり…。画面のあちこちに、自転車に乗った人や犬の散歩をする人、ボールで遊ぶ子ども…。不思議なコンビが散歩をする場所から、ごく日常の人々の暮らしが見えてきます。この1冊から四季を感じ、暮らしを感じ、空の青さを感じられます。絵をじっくり見ていくと、なんてことなく暮らしているこの世のすばらしさが、あふれんばかりに伝わってきます。東京の下町を何度となくスケッチしてこられた井上洋介先生の世界がつまった1冊です。

【著作者プロフィール】
■井上洋介(いのうえ・ようすけ)/1931年東京生まれ。第37回小学館絵画賞、第6回日本絵本大賞受賞。画集に『東京百画府』(京都書院)『電車画府』(パルコ出版)絵本に『まがればまがりみち』(福音館書店)『でんしゃえほん』(ビリケン出版)『タコボー』(理論社)『きつねのしっぱい』『おさんぽしましょ』(鈴木出版)など多数。

ベストレビュー

ちょっと物足りなかったみたい。

5歳の息子と読みましたが、
彼にはちょっと物足りなかったみたい。

タマゴがいすにのっていろんなところを旅するお話。
今まで見たことのない外界に繰り出す感動。
タマゴの視点から描かれていて、
各ページ、絵もとっても素敵なのですが、

ハラハラドキドキがなく、
お話も短めで、
5歳の息子にはイマイチのウケでした。

下の娘が4歳ごろに、再度トライしてみようと思いました。
どちらかというと、女の子向きかもです。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない / こぶたのぶうくん / モグモグでんしゃ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

タマゴ イスにのり

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット