だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
おちばのふとん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おちばのふとん

作・絵: ごんもりなつこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「おちばのふとん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

テントウムシがひなたぼっこをしていると、急に冷たい風が吹いてきました。「さむい さむい」と、テントウムシは落ち葉の下にもぐり込みます。すると、次々にいろんな虫がもぐってきて、落ち葉の中はとてもにぎやかに……。雑木林の中に、幾重にも折り重なって積もった落ち葉は暖かくて、まさに虫たちのふとんのよう。落ち葉に守られながら春の訪れを待つ、スミレや虫たちの世界を、精緻で温かな絵で描きました。

ベストレビュー

冬の落ち葉を見ると・・・

寒くなってきて、おちばの布団に虫たちがもぐりこんできます。
テントウムシから始まって、いろいろな虫たちが落ち葉にもぐりこんできます。
すみれが最初にいて、それを迎えてくれるんですが・・・。

子供は、居場所を決めて眠ってしまった虫たちを探すのに一生懸命になっていました。
私は、これを見ると、おちばの山を見ると、つい、覗いてみたくなるような気がします。
そうえいば、しばらく放置してあった落ち葉の山を掃除したときに、わらわらと虫が逃げ出していったのを思い出しました。
冬の間も、虫たちは、いろいろなところで冬を越しているんだなぁ・・・と感慨深いです。

子供が、そういうところに興味を持つのはもう少し先なのか、子供は特にそういうところに興味は示していないのですが・・・。
何度も何度もリクエストされる絵本のひとつです。
(れんげKさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ごんもりなつこさんのその他の作品

いちじく にんじん / なのはな みつけた / はむ はむ はなむぐり / こどものとも いちじく にんじん / きたよ きたよ / たんぽぽのたねとんだ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

おちばのふとん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット