あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
紙芝居 うりこひめとあまのじゃく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 うりこひめとあまのじゃく

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 梶山 俊夫
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1973年03月
ISBN: 9784494074099

3歳〜小学校3・4年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

うりから生まれたうりこひめが一人でるすばんをしている時、
あまのじゃくがやってきた。うりこひめはあまのじゃくにだまされて…。

ベストレビュー

紙芝居のおもしろさ

ウリから生まれたうりこひめ。
あっという間に大きくなって、お嫁にいくことになった。
おじいさんとおばあさんが嫁入り支度で買い物に行っている間に現れたあまのじゃく。
………。
スピーディな展開ですが、子どもたちを引きつけてくれるのが、軽いリズム感とおおらかなセリフ、そして梶山さんの絵の世界です。
あまのじゃくってどんなに悪いヤツだと思ったら、おじいさんに簡単に懲らしめられてしまいます。
あれこれ考えると、???のいっぱいつくお話でもあり、よく考えると大きな盛り上がりにも欠けるような気もするのですが、それを補ってあまりある楽しい紙芝居。
松谷さんの演出もバッチリです。

小学校の昼の読み聞かせで読んだのですが、絵本では味わえない楽しさがあります。
子どもたちを直接に見ながら、セリフの使い分け。
おじいさん、おばあさん、うりこひめ、あまのじゃくになりきって声を出すことに集中出来ます。
お話のおわりの「シャンシャーン」。
本当ならばおとなしく終わるのでしょうが、高らかに抑揚をあげたらいっぱいの拍手をいただきました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち <復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

紙芝居 うりこひめとあまのじゃく

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット