貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
いっぱいいもうと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっぱいいもうと

  • 絵本

作品情報

発行日: 2013年02月

4歳〜5歳向き
19cmX26cm 28ページ
こどものとも年中向き 2013年2月号

出版社からの紹介

妹が欲しいあーちゃんは、公園で遊んでいた女の子たちに「いもうとになってよ」と言って、家に遊びにきてもらいました。あーちゃんはお姉さん気分を味わってご機嫌です。ところが食欲旺盛な「いもうと」たちは、いくらおやつを出してもぺろりと食べ尽くしてしまいます。ついには食べ物を求めて暴れ回り、家の中は大変なことに。

ベストレビュー

おねえちゃんも大変!

ひとりはイヤだな、いもうとほしいな・・・。

それがこのお話のテーマです。

いもうと募集したら、とってもたくさん!

あれもこれもやって、とーっても大変。

想像と違ってみたいで、そのギャップがよかったです。

ひとりっこは寂しいかもしれませんが、

ママを独り占めできる、そこに気づいたみたいです。

絵のタッチが大胆な感じです。

この絵本は初めての作品だそうです。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ




『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

いっぱいいもうと

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット