もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
まいごのまめのつる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まいごのまめのつる

  • 絵本
作: こだま ともこ
絵: おりも きょうこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「まいごのまめのつる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年09月

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
こどものとも 1982年9月号
20X27cm・32ページ

出版社からの紹介

マグばあさんは野菜作りは上手だけれど料理はだめ。メグばあさんはその反対で、2人は仲が悪い。ところがマグばあさんの豆のつるがのびてメグばあさんの庭で実をつけて……。

ベストレビュー

子供の頃大好きだった絵本

 私が子供の頃に、「こどものとも月刊誌」を購読してしていたのですが、そのなかでも特に好きだった絵本です。
 野菜作りが得意で料理が出来ないおばさんと、野菜作りが苦手で料理が得意なおばさんが登場します。 
 あるひ、野菜作りの上手なおばさんのうちの豆のつるがどんどん長く伸びていました。なかなか先が見つかりません。豆のつるが迷子になったのです。
 そこから楽しいお話が始まるのですが、とても面白いですよ。
 いまでも内容も絵も、はっきりと覚えています。
 絵もきれいで、インパクトがあり、かなりおすすめです!!!
 何度も母に読んでもらった記憶があります。
 この絵本を探しても見つけられませんが、もし見てけられたら、必ず子供に読ませたい絵本です。自信を持って紹介します。
(カーニバルーンさん 20代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

こだま ともこさんのその他の作品

ふしぎなしっぽのねこ カティンカ / このねこ、うちのねこ! / なかないで、アーサー てんごくへいった いぬのおはなし / ナンタケットの夜鳥 / ぼくが消えないうちに / 最古の魔術書 (3) ブラック・レコニング

おりも きょうこさんのその他の作品

こどものとも絵本 まいごのまめのつる / どろんこおばけ / あっぷっぷ! / はらぺこぺっこん



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

まいごのまめのつる

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット