十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ナオミDA45さんの公開ページ

ナオミDA45さんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子10歳 女の子5歳

自己紹介
7歳の息子と3歳の娘の母親です。
自分も子供たちも本が大好き♪
息子の要望により、ほぼ毎日寝る前に2冊の読み聞かせをしています。
娘は、同じ本を繰り返し読んでもらいたがり、手を焼いています・・・
ひとこと
評価は「子供の反応」を基準にしています。
よって、良い本だなぁ、と親が思っても、反応が薄い本には評価を低くしているケースがあります。
(好みでなかったり、年齢不相応であったり、理由がわからないけど不評だったり…)

ナオミDA45さんの声

428件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おばあちゃんのパワーにびっくり!  掲載日:2014/9/11
あらまっ!
あらまっ! 作: ケイト・ラム
絵: エイドリアン・ジョンソン
訳: 石津 ちひろ

出版社: 小学館
息子が大好きな「笑える絵本」でした。

厳しい感じのおばあちゃんが、夕方に「もう寝なさい!」といいますが、
孫が「寝る準備ができていない」と言う、その繰り返しです。

ただ、おばあちゃんが寝る準備を整える方法が、想像を絶するパワフルさ!!
ただただ、奇想天外で面白い!

たまには、難しい本じゃなくて、面白い本を読もう!と思ったときにおススメです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 期待以上の楽しさ♪  掲載日:2014/9/11
いちにちどうぶつ
いちにちどうぶつ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
いちにちシリーズが大好きな我が家、
どんどん期待のハードルが高くなっていましたが、
その期待をグーンと越える、楽しさでした。

今までのシリーズでは無かった
「ちょっと話したくなる豆知識」が満載!
息子が久々に食い入るように絵を見て、
ムササビがかっ空する距離などいろいろと質問をしてきました。
3歳の娘も、大好きな動物を興奮気味に指さし、喜んでいました。

久しぶりに「もう一回!」と言われて、合計3回も読みました。
さらに、そのあと、兄と妹の二人で一生懸命本をめくりながら相談?
知識の交換?をしていました。

7歳でも3歳でも十分に楽しめます。
家族そろって話し合ったり、楽しいひと時が過ごせること間違いなし!
の、素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょーっと難しいかも。  掲載日:2014/9/11
いちにちおばけ
いちにちおばけ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
いちにちシリーズが大好きな息子に、読みました。

以前、親が先に読んでみて、わからないかもなぁ…と思って
後回しにしていました。

読んでみると、とても楽しそうに聞いてくれたのですが、
やはりちょっとわからないおばけもあるようで、
メデューサってなに??などと聞かれました。

一緒に聞いていた3歳の娘は、
迫力のある絵に圧倒されて怖がっていました。

本には、45歳から、と表示されていますが、
おばけの種類をたくさん知ってからのほうが楽しめるように思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 7歳児が3歳児に説明中♪  掲載日:2014/9/11
あるひ こねこね
あるひ こねこね 作: 高畠 那生
出版社: 好学社
我が家では、大人気の高畠 那生さん。
原色の色使いと個性的な絵から、目が離せません。

7歳の息子は、一人で読んで意味が分かったようで、
「タコ(本当は宇宙人)と動物が出てくる絵本」と思っている3歳の妹に、
一生懸命説明をしていました。

娘は???と思っているようでしたが、息子がクイズ形式にして、
「まくまくまく、な〜んだ。」と出題すると、
絵を見て「くまさーん!」と嬉しそうに答えていました。

とても上手にできている言葉遊び絵本で、楽しめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親こそ勉強になりました。  掲載日:2014/9/11
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ 作: 松岡 たつひで
出版社: 福音館書店
課題図書だったので、息子と一緒に読みました。

表紙からは気が付かなかったのですが、中を開いたらものすご〜く精密な動物たち。
もしかして・・・、やっぱり、松岡たつひでさん!!
写真みたいに精密な絵だけど、写真より、気持にすっと入ってくるから不思議です。

たまたまウサギの飼育係になって、動物に興味を持ち出した息子も
熱心に読んでいました。
結構なページ数なはずなのに、飽きたり、疲れたりすることなく読み切れてしまいました。
親自身もあやふやだったことがわかったり、勉強になりました。

最後に、人間とペットのウンチについて問いかけられると、思わずハッとします。
なるほど、課題図書はすごい!と感心させられました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ママは思い当たるな…  掲載日:2014/8/25
おはなしよんで、アンニパンニ!
おはなしよんで、アンニパンニ! 文・絵: マレーク・ベロニカ
訳: マンディ・ハシモト・レナ

出版社: 風濤社
3才の娘が、ためし読みで夢中になったので、
図書館でまとめて借りて読みました。

いつも、ほのぼの仲良しのふたり♪というイメージだったけど、
今日のアンパンニは忙しそう。

いたっ、耳がいたい!
「だから、忙しいって言ってるでしょ!」と
言い続けている自分を思い出す…
そういえば、寝る前以外、たのまれても読んであげてないなぁ。

自分で読めても読んでほしいもの、とは、よく聞きますが、
特に7才の息子には「自分で読めるでしょ!」とついつい言ってしまう…

読み終わって、息子と目が合い、
「も1つ読んであげる」と言ったら嬉しそうでした。

娘は、自分自身をアンパンニと思っているようで、
「やること、いっぱいあるからさぁ。」と言っていました。

絵本を読んだ3人が、それぞれに楽しめたようで、
素敵な絵本だな〜、と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 3才の娘が夢中に!  掲載日:2014/8/25
ブルンミとななつのふうせん
ブルンミとななつのふうせん 作・絵: マレーク・ベロニカ
訳: 羽仁 協子

出版社: 風濤社
娘が、ためし読みで夢中になったので、図書館でまとめて借りて読みました。

このお話はお気に入りの1つのようです。
きれいなふうせん、可愛い動物たち、最後に登場する七色の虹。
ブルンミと一緒の気持ちになって、夢中で聞いているのが、
はっきりとわかるほどです。

ふうせんが割れて、ドキドキしたり、悲しくなったりした分だけ、
最後にパァーっと虹が広がって、幸せな気持ちでっぱいになります。

嬉しかったり、悲しくなったり、
1つの絵本の中で、いろいろな心を感じることができる、素敵な絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつも誰かが助けてくれる♪  掲載日:2014/8/25
ブルンミのドライブ
ブルンミのドライブ 作・絵: マレーク・ベロニカ
訳: 羽仁 協子

出版社: 風濤社
3才の娘が夢中になったので、図書館でまとめて借りて読みました。

中でもこの本は、娘のお気に入りの1つです。

赤くて可愛い車も大好き。
困ったときに助けてくれる動物たちも大好き。
お礼にりんごをあげて、1こも残らないのも大好き。

ブルンミが、困ったときに、いつも誰かが助けてくれる。
そして、必ずお返しをする。
そんな優しさがあふれるこの本が娘だけでなく、母親も大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 3才だぁーっ♪  掲載日:2014/8/25
ブルンミのたんじょうび
ブルンミのたんじょうび 文・絵: マレーク・ベロニカ
訳: 羽仁 協子

出版社: 風濤社
ためし読みですっかり夢中になった3才の娘。

この本は、子供が大好きな誕生日のお話なので、はじめからウキウキ♪
絵もお話もかわいいので、楽しそうに聞いていました。
でも、おませな娘は、ブルンミの誕生日だと察して、
「くまさん、なんでわからんのかなぁ〜。」と言っていました。

そんな感じだったのに、誕生会が始まるとまたまたテンションアップ!
ケーキのろうそくを見て、
「くまさん、3才!いっしょ、いっしょじゃん!」と、大興奮!

おませさんでも、まだまだ3才児。
いっしょが嬉しいお年頃なのね♪と、笑えて来ました。

自分やお友だちが祝われている誕生日の幸せな気持ちを
何度もよみがえらせてくれる、幸せな絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ブルンミの優しさが可愛い♪  掲載日:2014/8/25
ブルンミとゆきだるま
ブルンミとゆきだるま 作・絵: マレーク・ベロニカ
訳: 羽仁 協子

出版社: 風濤社
3才の娘が、ためし読みで夢中になったので、図書館でまとめて借りて読みました。

私の家では、年に数回しか雪が降らないので、
雪遊びはとーってもスペシャルなイベント。

以前に、雪が降ったときのことを思い出したのか、
表紙を見ただけで楽しそうにしていました。

雪合戦に雪だるま、楽しい遊びが可愛い絵で描かれています。

ブルンミにとっては、アンニパンニと作った雪だるまは、
単なる作品ではなく、新しいお友だちなのでしょうね。
置いて帰れない優しさがとても可愛いです。

家の窓から、雪だるまを見る!子供の夢を形にしたような絵本で、楽しめました。
参考になりました。 0人

428件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット