宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
なまえのことば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なまえのことば

  • 絵本
監修・制作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なまえのことば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年
ISBN: 9784033431000

5・6歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

物の名前だけでなく、見えないものや場所など、日頃なにげなく使っている“なまえ"を再発見できる、ページをめくるのが楽しい絵本。

ベストレビュー

オススメ!言葉図鑑シリーズ

五味太郎さんの「言葉図鑑」シリーズ。
小1の娘が学校で気に入って、借りてきました。
このシリーズは、読み聞かせというよりは、自分で字を読めて、ある程度の語彙があるくらいの年齢のお子さんと、いっしょに覗き込んで楽しむシリーズだと思います。

そのシリーズの10巻目「なまえのことば」は、文法上の名詞と呼ばれるものを集めています。
ただ、なんという名前かの図鑑と違って、どうしてこのように呼ばれるようになったかの理由が重要視されているページもあれば、イスはイスでも、犬でもボールでもそこに腰掛ければそれはイスと呼ばれるといった具合に、色々と発展していくのが楽しいです。

最後の7ページは「きよし」「くにこ」など、たくさんの名前が顔の絵とともに並べられています。
自分と同じ名前があるかを探したり、あった場合にはどんな顔に描かれているを見るのも楽しいですね。
無い場合は、最後に自分の名前書き込み用に10個顔が描かれています。
自分に一番似た顔の下に書き込んでくださいねとのこと。
親切な心遣いが嬉しいです!
(ゆずきんかんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子2歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / 行ったり来たり大通り / つくえはつくえ / 小学生のための漢字をおぼえる辞典 第五版 / 絵本 むかし話ですよ / なんでもできる!?



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

なまえのことば

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット