庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
じーっと じっと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じーっと じっと

作・絵: あかし のぶこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「じーっと じっと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月

3〜4〜5才向き
ちいさなかがくのとも 2006年5月号

出版社からの紹介

ノウサギの兄弟が草むらで母ウサギの帰りを待っています。「じっとしていれば大丈夫」という母ウサギのいいつけを守る兄弟ウサギ。チョウがきても、カエルがきても、じーっとじーっとしています。すると、大きな地響きがして、人間の男の子とおじいさんがやってきました。男の子は兄弟ウサギを見て、家につれて帰ろうといいますが……。

ベストレビュー

娘と遊びながら

3歳8ヶ月の夏、1番お気に入りの絵本。挿絵だけの児童書も楽しんで聞いている娘ですが、この絵本は娘の中で特別な1冊のようです。温かい感じのする絵で、文章もわかりやすく簡潔ですが、「じーっとじっと」していれば、ほかの動物から身を守れるということも、「そーっとそーっと」しておいてあげるのが、自然との上手な付き合い方だということも、こどもにやさしく教えてくれています。娘は、おにいさんうさぎが「じーっとじーっとしてれば、こわいことなんかないんだから」と、ちょっと威張って言うところで、毎回笑い、最後にお母さんうさぎが現れて、うさぎの兄弟がおっぱいをたくさんもらうところでは、必ず私にもたれかかってきます。そして、ベッドに入って明かりを消してからも、小さな手で2匹の子うさぎを作り、「じーっとじーっとしてようね」といって、うさぎの兄弟のお留守番ごっこを楽しんでいます。私の役は、子うさぎたちの上を飛ぶ大きな鷹。両手をパタパタさせながら、絵本の余韻の中で、私もまた今の時間を楽しんでします。
(ガーリャさん 30代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ


あかし のぶこさんのその他の作品

わが家は、野生動物診療所 / もりの みんなの やまぶどう / ねむたい ねむたい ももんがたち



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

じーっと じっと

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット