あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
くろいちょうちょ 地雷で足をなくした男の子の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くろいちょうちょ 地雷で足をなくした男の子の話

  • 絵本
作・絵: シルビア・フォルツァーニ
訳: 辻田 希世子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「くろいちょうちょ 地雷で足をなくした男の子の話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年4月23日
ISBN: 9784062112444

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「地雷」を知らない子どもたちに――

ぼくは、げんきな男の子。 きれいな、黒いちょうちょをひろったんだ。 空に、飛ばしてみようっと……。
『くろいちょうちょ』によって、わたしたちは再認識する。毎日のようにニュースで接している黒い蝶々、地雷の存在について知りながら、自分からはるか遠いところで起きているできごととしてきてしまっている、ほかでもない自分自身に。――(落合恵子)

この絵本の売り上げの一部は、TBSなどがすすめている「地雷ZEROキャンペーン」に寄付され、世界中の地雷をとりのぞくために役立てられます。
子どもたちには豊かな未来があります。 それを奪う権利は誰にもありません。 シリーズ「子どもたちの未来のために」は、子どもたちの未来を奪おうとするすべてのものへの怒りと、その未来が実り多いものであるようにという願いをこめたシリーズです。

ベストレビュー

残酷な玩具

地雷とちょうちょの関連性について、ちょっと疑問形だったのですが、最後にPFM 1という地雷の模型写真を見て唸ってしまいました。
なんと残酷なものを作ったのでしょう。
好奇心旺盛な子どもたちにとって、おもちゃに見えてしまうのは、当たり前のように思えます。
多くの子どもたちを犠牲にした「黒いちょうちょ」。
卑劣な戦争がなくなることを願わずにはいられません。
(ヒラP21さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

くろいちょうちょ 地雷で足をなくした男の子の話

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット