おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
リーかあさまのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リーかあさまのはなし

  • 絵本
文: 中村 茂
絵: 小林 豊
構成: 斎藤 千代
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月30日
ISBN: 9784591136461

出版社からの紹介

今から約80年前、群馬県草津で、ハンセン病に苦しむ人たちに寄り添い、尽くし、みなから「かあさま」とよばれて慕われたイギリス人宣教師、コンウォール・リーの活動と半生を描く。少女のころ聞いた牧師の話から、苦しむ隣人とともに生きたいという願いを抱いたリーは、59歳で草津に移住。以来、教会や医院、幼稚園、病者の暮らすホームをつぎつぎと建て、病気の治療と子どもたちの教育に力をそそいだ。心ゆさぶる感動の絵本。

ベストレビュー

もっともっと知ってほしい

ハンセン病に苦しむ人たちを助けるために、残りの生涯を捧げたイギリス人女性、コンウォール・リー。

学校などの環境を整え、献身的に病気の人たちを見舞い、励ます。
祖国から遠く離れた日本で、これほどまでに日本人のために尽くしてくれたということに、深く感動しました。
だからこそ、外国に対してまだまだ閉鎖的な時代でありながらも、「リーかあさま」と呼ばれ、愛されたんだなと思いました。
本当に、家族以上に尽くしてくれた、そんな感じです。

“彼女の生き方は、生きていく上で忘れてはならないこと、共に生きることの大切さを教えてくれる”と締めくくられていました。

現代に一番欠けているもの…
偉人たちの考え方や行動は、気づきがたくさん詰まっています。
娘にも、もっともっと知ってほしいなと思いました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小林 豊さんのその他の作品

長崎ものがたり お船が出る日 / 白い街 あったかい雪 / 淀川ものがたり お船がきた日 / とうさんとぼくと風のたび / ハナンのヒツジが生まれたよ / 遠い親せき



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

リーかあさまのはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット