雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
にんぎょうしばい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にんぎょうしばい

作・絵: エズラ・ジャック・キーツ
訳: 木島 始
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「にんぎょうしばい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年
ISBN: 9784033281001

3・4歳から

出版社からの紹介

無口でおとなしい少年ルイが、にんぎょうたちとともだちになり、こころを開いていく様子が生き生きと描かれている。

ベストレビュー

我を忘れるような出会いがあったことを・・

 カバー折り返しの文を読み、この作品のモチーフが訪日の際、キーツさんが目にした日本の男の子の様子だったということで、興味を持ち読みました。

 “ピーター”シリーズもそうですが、子どもの目線まで降りていけると言うか、子どもの内面に寄り添えるキーツさんの繊細さに感動してしまいます。

 スージーとロベルトの参加している人形芝居に、無口で人と関わりを上手に持てない男の子ルイも、前の席に一人ぽつんと座り見に来ていました。
 劇が始まり、人形のガッシーちゃんが出てくると、ルイが立ち上がり周囲の罵声も聞こえぬような見入りようで、ガッシーちゃんに「こんにちわあっ!」と言い、・・・。

 この窮状をスージーとロベルトが、上手くまとめるのに感心しました。
 そして、さらに最後のお話の閉じ方も素敵でした。

 ルイのような行動を子どもたちは非難したとしても、大人である私たたちは自分にも我を忘れるような心動かされる出会いがあったことを思いだし、眉を顰めず優しい気持ちで見守り待ってあげたいものだと思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エズラ・ジャック・キーツさんのその他の作品

ルイのうちゅうりょこう / ぼくのいぬがまいごです! / E.J.キーツの俳句絵本 春の日や庭に雀の砂あひて / ゆめ / ルイのひこうき / アパート3号室

木島 始さんのその他の作品

うらしまたろう /  / 福音館文庫 ライグマ博士と仲間たち【全3話】 / ゆきむすめ / うりこひめとあまんじゃく / かわいいめんどり



新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

にんぎょうしばい

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット