新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

出発進行! 里山トロッコ列車

出発進行! 里山トロッコ列車

  • 絵本
作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年04月22日
ISBN: 9784033520704

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
32ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


第2回 偕成社 千葉美香さんインタビュー

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

ただの鉄道絵本ではありません。

鉄道好きの息子が3歳くらいのとき、
家族で小湊鉄道に乗りに行きました。
今はあまり見かけない古いディーゼル列車で、
やたらと音や振動が大きくて、乗り心地も悪くてびっくりしましたが、
牧歌的な風景と相まってか郷愁を感じさせる楽しい旅でした。

で、その小湊鉄道の絵本を加古里子さんが描かれるなんて!
これはかなりうれしいです。
加古里子さんといえば、私の中では、だるまちゃんシリーズと科学系絵本ですが、きっと凝り性なんでしょうね。
郷土の歴史や民俗、文化、などについても、
ここまでやるかというくらい細かく丁寧に取材されて書かれています。

大人も知らなかった情報がいっぱい。
観光ガイドとしても利用でき、
この本を片手にまた小湊鉄道に乗りに行きたいなと思いました。
6歳の息子にはまだ難しい情報もあるけれど、
これをきっかけに郷土の歴史や文化に興味を持ってくれるとよいのではと思います。

しかし、小湊鉄道。
蒸気機関車型のクリーンディーゼル機関車を開発するなんて、
かなりユニークな発想です。乗りに行かなくちゃ。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,430円
2,090円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
385円
440円
2,200円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

出発進行! 里山トロッコ列車

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら