話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
ペネロペ まきばへいく

ペネロペ まきばへいく

  • 絵本
作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年09月30日
ISBN: 9784265058815

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
A4変型判 22.0×22.0cm
10頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

シリーズ中、最も単純明快な仕掛け

ペネロペ仕掛け絵本シリーズの中で、
最も仕掛けの動きが単純で、意外性の少ない内容だと思います。
ですが、単純だからこそ、利点があります。
それは、仕掛けが凝りすぎていない分、力加減が上手くできないお子様でも、
1人で上手に動かして遊べるという点です。
3才の我が家の娘が、1人で上手に全ての仕掛けを動かせるのはこの本だけです。
他はちょっと手助けが必要です。
特に「ようちえんへいく」は個人的に、仕掛けを動かすのが一番難しいと思います。

最初のページで、ペネロペが口を開けて歌をうたっている仕掛けがあるんですが、これが結構面白いです。
TVでも他の絵本の中でも、ペネロペが口を開けてるのは見かけたことがないので、すごく新鮮でした。
内容も、動物たちを探していくので、かくれんぼをしているみたいで楽しいですよ。
(よへほさん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,650円
1,320円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,430円
2,530円
550円
275円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ペネロペ まきばへいく

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら