ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

オオカミと羊」 みんなの声

オオカミと羊 作・絵:アンドレ・ダーハン
訳:倉橋 由美子
出版社:宝島社
本体価格:\1,165+税
発行日:1993年
ISBN:9784796606998
評価スコア 4
評価ランキング 18,561
みんなの声 総数 6
「オオカミと羊」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しいオオカミのしあわせ

    アンドレ・ダーハンさんの作品は初めて出会いました

    いろいろな絵本があるのですが 
    図書館で見つけた  優しいおおかみのおはなしでした

    おおかみは お話の中でも こわくて きらわれていたりしますが・・・
    この絵本の作者は 優しいオオカミのおはなしを描きたかったのでしょうね

    表紙の絵が ひつじにくるまってあったかそうで  ともだちがいないおおかみは 淋しかったんですね  だから 羊と友達になりたいと思っていたのでしょう
    羊たちは仲間と 牧場でなわとびや本読んだり オオカミは羨ましそう
    ひとりぼっちで ピアノ弾いている おおかみが淋しそう
    でも オオカミの偉いところは 積極的に努力して 仲良くなろうとしているところです

    何だか いじらしくなりますね・・・・

    嫌われてもあきらめずにいるおおかみの努力が実るのですね!
    よかったね!

    絵がなんとも ロマンチックで柔らかいのは 作者の優しさかな?
    オオカミの奏でる笛の音を 聞いてみたい思いがしました

    こんな優しいオオカミは幸せをつかんだね

    掲載日:2010/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心の優しいオオカミ

    このお話は、羊たちと仲良くなりたい心の優しいオオカミのお話でした。羊たちと仲良くなるために献身的に牧場の手伝いをしたりする様子が、オオカミのイメージとは違ってなんだかかわいらしかったです。羊飼いの笛を使って羊を増やすことができたので、このオオカミは認められて羊立ちと牧場で暮らせるようになったのですが、オオカミが素敵な音色を出せるのもギャップがあってうちの子はクスッと笑っていました。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミもいろいろ

    表紙で、羊にまるまってるオオカミが可愛いです(笑)娘はまずここで喜んでニコニコしていました。

    羊たちと仲良くしたいオオカミ。あの手この手で気に入られようとしますがなかなか嫌われっぱなし。そりゃそうですよね、いつ食べられるか安心できないもの。

    でも、音楽を味方につけたオオカミは、笛の演奏で羊たちみんなをとりこにします。バレリーナみたいに踊っている羊が可愛い!と娘も喜んで読んでいました。

    オオカミだっていろいろなんです。みんなが仲良く暮らせたら一番いいですよね。

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 健気なオオカミのお話

    オオカミのでてくる絵本が大好きな息子が、図書館で表紙だけ見て選んだ絵本です。 これまで息子が知っている、やぎさんや赤ずきんちゃんをパクリと食べちゃう様なオオカミとは全く違う、優しくて健気なオオカミさんを「ひとりぼっちでかわいそうだね」「ひつじさんと眠れてよかったね」と言いながらお話を聞いていました。
    絵のタッチもお話も、全体的にとても柔らかな気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオカミは友だち

    • ほんともさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳、女の子0歳

    優しい色合いと、線描写の絵がとてもステキな作品です。
    この絵本のオオカミは全然怖くありません。羊たちと仲良くなるために、草刈したりする心優しいオオカミなのです。
    オオカミの出てくる絵本は数多くありますが、羊や羊飼いと友だちになるなんて話はあまりないですよね。「やさしいオオカミもいるんだね」と娘も気に入った絵本です。

    掲載日:2006/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 努力するやさしいオオカミ

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    羊たちといるのがとても心地よくて、なんとか羊たちと仲良しになりたいと願うオオカミのお話です。
    とてもふんわりとした優しい絵ですが、くっきりすっきりとした絵ではなく、何本も線を引いて描いてあるので、1年生の次男は、「絵が汚れてる」と気になるようでした。最初の方は、お話よりもそっちが気になってしまったようです。
    でも、オオカミがなんとか羊たちの輪に受け入れられようと、いろいろ頑張る姿を見ていくうちに、「オオカミ、いいヤツだったんだね」と言うようになり、最後には良かったと安心していました。
    優しい系のお話ですが、しみじみと心に沁みてくるというより、お日さまの光をいっぱい浴びているような、ふんわりとしたあったかいお話です。

    掲載日:2006/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット