おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

ぼくのうちはゲル」 みんなの声

ぼくのうちはゲル 作・絵:バーサンスレン・ボロルマー
訳:長野 ヒデ子
出版社:石風社
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784883441341
評価スコア 4.17
評価ランキング 18,625
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モンゴルの遊牧民

    モンゴルの遊牧民の生活がよくわかる絵本です。
    産まれてから、旅の生活を続けるジルの目を通して、モンゴル民族の家族集団、移住先で組み立てる家(ゲル)、牧畜の様子、自分たちの普段の生活とは全く異質な生活が、こと細かく描かれていて、とても理解しやすいと思いました。

    投稿日:2018/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 草原に生きる人たちの1年

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    日本には、この作者の本はあまり翻訳されていないようですが、作者・バーサンスレンさんはモンゴルではとても有名な児童文学作家でであり、挿絵画家だそうです。(モンゴル内の教科書に彼女の作品が多数載っているんですって)

    題名通り、この絵本はモンゴルの遊牧民の生活を描いたもので、生まれたばかりの男の子の成長に合わせて、モンゴルの草原に生きる人たちの1年を、伝えてくれるものでした。

    独特の絵柄が何ともいえず素敵なのですが、メリハリのあるストーリーではないので、お子さんによっては好き嫌いが出てしまうかもしれません。

    投稿日:2008/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族愛

    モンゴル人の子どもゲルが生まれてから1歳になるまでのお話です。モンゴル人は子どもを大切にする民族だということが伝わってきて、とても好感を持ちました。

    ゲルがお母さんのお腹にいる様子を「かあさんのやさしさで いっぱい ぼくが どんどんおおきくなり」という表現から、子どもを愛する気持ちが伝わってくるのを感じました。

    モンゴルのことは、井上靖の「蒼き狼」を昔読んだぐらいですが、モンゴルの人たちの普通の暮らしぶりが、この絵本を通じてよくわかりました。

    投稿日:2007/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルのくらし

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    モンゴルで生まれたジルの1歳までを、モンゴルの暮らしもあわせて描かれています。
    他の国の暮らしを知ることが出来ることが、絵本のよさの一つです。
    子どもの頃から、他の国を知ることは大切です。

    どの国でも子どもの誕生は、何にも勝るうれしいことです。
    大事に育てられています。
    絵の色合いが素朴でいて、鮮やかで素敵です。

    投稿日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルの遊牧民のお話です。絵も、日本の顔や服とはちょっと違うし、ゲルという家も、私たちにはなじみがなくて、それに、家を季節によってかえる遊牧民についても、なじみがないので、そういった文化に触れるのに、いい本だと思います。何気なく図書館でかりたんですが、6歳の子どもは喜んでみていました。私も、「へーそうなのか」とめずらしくて、ためになりました。

    投稿日:2006/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット