季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

どんぐりぼうしさんの公開ページ

どんぐりぼうしさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県

どんぐりぼうしさんの声

57件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おもしろい  投稿日:2006/09/02
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
2歳の息子のお気に入りの本です。言葉がよくわからない子どもにとって、簡単な音だけがかいてあるし、絵もおもしろく、喜んで見ます。最後は、また、つづくなーと大人でも興味を持ってしまう本だと思います。小さい子におすすめ。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 小さい子が喜ぶ本  投稿日:2006/09/02
かくしたの だあれ
かくしたの だあれ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
2歳の息子はとても喜んでみています。ちょっと、難しいようで、でも、一回わかると簡単な本です。2回目からは、得意そうに喜んで「ここ」といいます。絵も、おもしろくて、いい感じだと思います。3歳くらい以下向けの本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かんちがい?でも、あたたかいおはなし  投稿日:2006/09/02
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
「どうぞのいす」をうさぎさんがつくります。きっと、「どうぞ座ってください」という意味なんだろうけど、みんな、勘違いしていくんです。でも、あたたかいおはなしですね。みんな、かわりにものをおいていくんですから。ふつうなら、持っていたものがなくなって違うものがあったら、困っちゃうけど、最後は、「ドングリは栗のあかちゃんだったかな」ってかんじで、あたたかく終わります。ウサギさんが、どうなったかが、私は心残りですが、でも、いい本だと思います。優しい気持ちになれる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小さい子が喜ぶ本  投稿日:2006/09/02
まり
まり 文: 谷川 俊太郎
絵: 広瀬 弦

出版社: クレヨンハウス
まり(ボール)ころがったり、かたちをかえたり、おちたり、など簡単だけど、小さい子が喜ぶ本だと思います。3歳の息子も喜んでみています。まりの表情や、音、かたちなど、よく見てみると、大人でもおもしろいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろい  投稿日:2006/09/02
もりのヒーロー ハリーとマルタン(3) ゴロゴロせんせいのまき
もりのヒーロー ハリーとマルタン(3) ゴロゴロせんせいのまき 作・絵: やなせ たかし
出版社: 新日本出版社
アンパンマンはみんな大好きで、うちの子も大好きです。たまたま図書館で、これを見つけました。読んでみたら、おもしろい。ハリーや、マルタンって、何者なんだろ?悪魔をやっつけると、姿がかわる(魔法がとけた?)。謎は、残りますが、続きが読みたくなる本で、子どもも大好きになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 感動しました。  投稿日:2006/09/02
きょうはなんのひ?
きょうはなんのひ? 作: 瀬田 貞二
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
「きょうはなんのひ?」という題をみて、わたしは主人公の女の子の誕生日かなと思いました。子どもに読んでやる前に、一度自分で読んでみたんです。主人公の女の子が、お母さんに手紙を書くんですが、そんな発想、すごいなーと思いました。やったことないけど、やってみたいですね。また、それだけじゃなくって、凝ってるんです。最後の最後がきのついたところをよむと、本当の手紙になってるんです。プレゼントも、いいですね。なんて、あたたかいんでしょう。幸せな気持ちになります。そんな家庭に育ちたいですね。是非、是非、子どもに読ませたい本です。家庭に一冊あったらいいな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なるほど〜がいっぱい  投稿日:2006/08/27
ねこ ねこやなぎ
ねこ ねこやなぎ 作: 古矢一穂
絵: 岸田 衿子

出版社: 福音館書店
3歳の息子も6歳の娘も面白がっていました。そんな植物あったんだー!!と私も感動です。実際、どんなのかは、みてみないとわからないけど。キツネの手袋を反対に読んで、ろくぶて(六回ほっぺをたたく)遊びは、昔やりましたが、この本で、それを思い出しました。子供と一緒に、楽しませてもらいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あるある、こういうこと!  投稿日:2006/08/13
でこちゃん
でこちゃん 作・絵: つちだ のぶこ
出版社: PHP研究所
お母さんが、子どもの前髪を切りすぎて、おでこがでーんとでてしまったこと、あるある!!私もやりました。でも、この子は、名前がたまたま、てこちゃん。だから、よけい、でこちゃんとよばれるのに、抵抗があるんだね。てこちゃんの、困る様子がよく、かかれています。でも、最後は、いい感じで終わるので、すっきりさっぱり、こちらも、いい気分です。なるほどーと思いましたね。今度、うちもでこがでたときは、この手でいこうと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもはよろこぶかわいいまめうし  投稿日:2006/08/13
まめうし
まめうし 作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所
子どもは、喜びますね。ただ、かわいいまめうしに。内容としては、まあ、普通だと思いますが、ちょこちょこする小さい牛。その行動が可愛いらしいです。小さいけど、やくにたつことは、あるんです。その辺が、いいところじゃないかと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろーい!!  投稿日:2006/08/13
まんぷくでぇす
まんぷくでぇす 作・絵: 長谷川 義史
出版社: PHP研究所
すごく単純な本です。内容も、特に特別なものはありません。ただ、絵が楽しめます。いろんな国の食べ物を食べたりします。すると、その後、持ち物や、服装がその国のものになったり、前のと混ざったりするんです。これは、こういう国だね、なんていって、楽しみました。3−7歳のこどもに読みましたが、結構何回も、喜んでみていました。
参考になりました。 0人

57件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット