もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おさんぽぽいぽい」 みんなの声

おさんぽぽいぽい 作:角野 栄子
絵:井上 洋介
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年
ISBN:9784834013399
評価スコア 3.71
評価ランキング 29,923
みんなの声 総数 6
「おさんぽぽいぽい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 木になる

    家族三人でお散歩、いいですねー。
    その道のりでの、子供の柔軟な発想が面白いです。
    「うそー!!」と思うような出来事なんですよ。
    どのページの絵を見ても、お父さん・お母さんが優しく微笑みながら、見守っていたことが印象的でした。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な作品

    イッポくんと両親が散歩中に「木になりたい!」と言い出して木になります。鳥が止まったり、うさぎがきたり、蛇がまきついたり、、、雨のときは傘代わりになったり。飽きたあとは木をやめて、こんどは水溜り?

    シュールな感じが少し漂う、不思議な作品です。

    娘も「私も木やってみる」とまねしていました。悪くないけど、大人としてはもうひとひねりオチか謎ときが欲しかったかも。結局は空想遊び?

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木になった気分で

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    子供が図書館で借りてきました。
    家族でお散歩の途中で、なんと木になってしまうのです!
    動物が来たり、鳥が来たり、雨が降ったり・・
    木になることでしかわからないハプニングがたくさん起こります。

    すっかり木の気持ちになってる家族の姿に、ほのぼのとしました。
    こんな風に変身出来るお散歩が出来たら楽しいでしょうね。

    しかし・・次は水たまりになりたいとは??
    続編があるのならぜひ読んでみたいです。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいおさんぽ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    おとうさんとおかあさんと一緒にお散歩にでかけたイッポ君。
    お散歩の途中で出会った、木に挨拶をして、今度は、自分たちも木になってみました。すると、「おさんぽ ぽいぽい」って色んな動物たちがイッポ君たちの木にやってきたのです。
    楽しいお散歩が、もっと楽しくなって、優しい気持ちになって、人のことを考えてあげられてと、楽しいことにいっぱい出会うことができます。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにになってみたい?

    家族で出かけた散歩先、木になったらという空想を膨らませる……というお話なのかな。
    森の一本になったぼくの所へいろいろな虫や動物が遊びにきます。雲までやってきて恵みの雨を降らせてくれます。
    みんなが家族というところがまた優しいですね。

    娘はこれを自分にあてはめて聞いていたようで、なぜだか木はイヤだとのこと。お気に入りの自然公園(の地面)になると言い出しました。
    自分が公園ならどんな木を植えて草を植えて動物を住まわせたいかという空想を話してくれました。
    そんなお話が広がる絵本でした。
    たくさんの来訪者、それらとの触れあいは、次はどんなかなという期待にあふれていてページを繰るのが楽しい。おはなし会にもどうでしょうか。

    掲載日:2007/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木の気持ち

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    木になったイッポくんのところに、いろいろな家族が「おさんぽ ぽいぽい」とやってきます。

    読んでいて、木の気持ちが分かるような錯覚がしました。木の下で雨宿りをしている動物たちのために傘になるシーンが、子供のお気に入り。

    長新太さんっぽいイメージの作品という感じがしました。

    掲載日:2006/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット