大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ジオジオのたんじょうび」 みんなの声

ジオジオのたんじょうび 作:岸田 衿子
絵:中谷 千代子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年
ISBN:9784251006509
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この岸田衿子さんと中谷千代子さんのコンビのジオジオの話は全部で3つあるようなのですが、我が家は『ジオジオのかんむり』から読んだので、かんむりの時のジオジオと、この『ジオジオのたんじょうび』のジオジオの置かれた設定があまりに違って、その違いが強烈過ぎて、いまいち楽しめませんでした。

    たしかに、ジオジオが高齢であることは変わりません。そして、動物の王?であることも変わらないのですが、まるで擬人化されていて、『ジオジオのかんむり』のような自然感みたいなものが感じられず、別物と思って読めば楽しめるのかもしれません。

    独り占めするより、みんなで分かち合うことの喜びを教えてくれる話でした。

    掲載日:2012/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きなジオジオ

     まだ字が分からない次男が、繰り返し繰り返し読んでと持ってきた本です。
     ジオジオは、ライオンでみんなから恐れられいます。しかし、年をとって動物を食べたいとは思いません。おかしが大好きなのです。スイーツ作るために、ぞうのブーラーがジオジオ専属のパティシエとして、毎日いろんなすてきなおいしいお菓子を作ってくれます。
     
     誕生日には、ジオジオが特別に注文したケーキを作るために、みんな必死で材料を集めます。さて、どんなケーキになるのでしょうか。ちょっと、ジーンとする場面もあり、次男は一人でも何度も何度も本を読んでいました。

     この本の他にも、ジオジオのパンやさんがあります。これとは、また違った設定で、こちらも是非お勧めします。絵本から童話へと、すてきな橋を渡しをしてくれると思います。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 70才のジオジオの誕生日。これまでに69回の誕生日を祝ってきました。その一つ一つを思い出すシーンが、70才を迎えることの大切さを教えてくれたような気がしました。色々なお祝いの品を用意しますが、やはり何より一番うれしいプレゼントとは。皆に祝ってもらうということなのだと気づいてくれてうれしかったです。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット