なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

てぶくろ山のポール」 みんなの声

てぶくろ山のポール 作:井上 こみち
絵:石井 勉
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784333022922
評価スコア 4
評価ランキング 22,728
みんなの声 総数 1
「てぶくろ山のポール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • てぶくろ山は本当にあるんですって☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    家族と離れ単身 田舎暮らしをする事に決めたシンイチさん。
    シンイチさんに見初められ 
    一緒に山間の村で暮らすことになった レトリバーのポール。
    シンイチさんの言葉と ポールの心の声が交互に書かれているせいか
    いつの間にか ポールの気持ちに寄り添って読み進めていました。
    ヒトと暮らす動物の気持ちを感じる…
    そんな 大事な経験が出来る本だと思います。
    また ポールと接することで 周りに暮らす人たちの環境が
    少しずつ変わっていく辺りからは
    動物の持つ癒しのパワーを感じずにはいられません。
    子供達には ポールの気持ちや活躍を通して
    動物と暮らすことの責任の重さを感じて欲しいなぁ…とも思います。
    舞台となっているてぶくろ山(本当にてぶくろの模様が…)も
    シンイチさん(名前が違いますが)も ポールも
    長野県に実在するのだそうです。
    この事が書かれている後書きを読んで
    このお話が グッと身近に感じられました。

    掲載日:2007/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット