だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かしこいポリーとまぬけなおおかみ」 みんなの声

かしこいポリーとまぬけなおおかみ 作:キャサリン・ストー
絵:佐藤 涼子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1979年01月
ISBN:9784323004860
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おおウケ!

    ポリーがかしこいというより、オオカミが抜けていると思います。

    ポリーを食べたいわりにはすすめられたりしてお菓子を食べすぎてポリーを食べられなくなったり、おばあちゃんごと食べようとしては正直に言い過ぎて失敗したり。ポリーの親の車に乗せてもらおうとしているのにポリーやおばあちゃんを食べるんだ!なんて堂々と言うところが間抜けですがかわいいかも!

    娘と読みながら、笑ってしまいました。

    そして、動物園に騙されてつかまったり、ポリーが助けてあげるのですがそれでもポリーを食べちゃうぞという雰囲気を醸し出したり、、、

    なかなか、ほのぼのしていて好きです!

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 機転の利くポリーと間が抜けていて憎めないオオカミが、いろいろなシチュエーションでお話を繰り広げます。
    ストーは13篇のお話を書いているそうですが、この本にはそのうちの四編が収録されています。
    童話のパロディばかりかと思ったら、ちょっと緊張するお話が後半にありました。
    動物園でとらわれてしまったオオカミをポリーが助けるお話、ポリーがオオカミに捕まってしまうお話。
    それぞれハラハラさせながら、ポリーの機知でオオカミの魔の手から逃れるのですが、ポリーもなんだかスリルを楽しんでいるようにも思えました。
    岩波書店で三冊シリーズがあるので、物足りない人はそちらもどうぞ。
    失敗しても失敗しても、懲りずにポリーを食べてしまおうとするオオカミ。
    いろいろとバリエーションがあって、安心して楽しめるのですが、最後に食べられてしまうようなオチはないでしょうね。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット