十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

雨あがり」 みんなの声

雨あがり 作:稲本昭治
絵:福田 岩緒
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784580820579
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学生の人間関係

    小学生になるとこんなふうにちょっとした人間関係が出てくるのかなと思わされました。
    お友達との相性、親に何でも言うことに戸惑いを感じる、自分の性格がほかの子と違うことに気付く‥など成長の証を次々と感じる主人公が自分なりに今回の出来事にぶつかっていきます。

    ちょっと心がチクチクしつつ、友達関係ってこんなもんなのかなと感じました。

    なかなか心に残る本です。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 約束

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    小学生くらいになると、家族よりもやっぱり友だちを優先してしまうのでしょうか。
    そんなことに将来の娘を想像し、ちょっと淋しくなりながら読んでいきました。

    子供どうしのトラブルは、大人が思っている以上に、本人にとっては重大なことなんでしょうね。
    主人公のたかしを見ていると、正直ちょっとかわいそうになってくるのです。
    でもお母さんは甘やかしたりせず、約束をきっちりと守らせます。
    それは、確かに見ているとかわいそうなのだけど、実はとっても大切なことなんですよね。
    わがままを聞いて、後からの友だちとの約束を優先させていたら、その時はたかしにとって助かるかもしれないけど、長い目で見るとそうではない。
    実際たかしは、辛い思いをしながらも、最後にはそれまで以上にかけがえのないものを得ることができたのですから。

    娘ともいつかこんなやりとりをするようになるのかな。
    そんなことを、読後にあれこれ考えふけってしまいました。

    小学1年生以上が対象となっています。
    友だちと遊ぶことに夢中になりはじめた子どもに、是非読んでもらいたい作品です。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット