ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

松居直のすすめる50の絵本」 みんなの声

松居直のすすめる50の絵本 作:松居 直
出版社:教文館
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784764269101
評価スコア 4
評価ランキング 18,704
みんなの声 総数 5
「松居直のすすめる50の絵本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 良書

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    良書が50冊解説と共に紹介されている絵本ガイドです。
    私が好きな作品も個人的にはそんなに趣味ではない本も含め、紹介されているので参考にして幅広くこどもに読ませてあげたいなと思いました。
    少し文が固いのでもう少しくだけたもののほうが私は読みやすく好きですが書いてある内容はやはりさすがだというもので勉強になりました。
    既に所有している本も松居さんがどう語るか面白く読めました。

    掲載日:2014/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • また読み直したくなる

    絵本界の重鎮である松居直さんの語る、子供と絵本を楽しむための解説は、とても説得力がありました。
    特に「時間は作るものです。24時間以上の時間は作れませんが、24時間をどう配分し、どう使うかは自分の判断です」という言葉には、ドキッとしました。本当にその通りだと思います。
    紹介されている50の絵本は、どれも読んだことのあるものばかりでしたが、松居さんの解説をふまえてまた読み直したいです。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの本選びの参考に

    副題に「大人のための絵本入門」とあったので、「大人のための絵本」について書いてあるのかと思ったら、「大人が子どもの絵本を選ぶための本」だと感じました。
    収録されている絵本は、図書館には大体そろっている本ばかり。
    それだけ、子どもたちに密着した絵本が開設されています。
    大人と子どもの接点選びのような本でした。

    掲載日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 尊敬する松居直さんのすすめる絵本

    松居直さんが好きなので、迷わず購入しました。

    松居直さんがすすめていても「そうかな?私はそうは思わないけれど・・・」と思うものも何冊かありました。

    けれど、松居直さんとその絵本とのエピソードが載っているところはとてもよかったです。
    その絵本とどんな思い出があるのかがよくわかりました。
    そして松居直さんの絵本へのこだわりもエピソードの部分から伝わってきました。

    絵本をある程度読んだことがある人なら、知っている絵本が大半だと思います。
    そうした絵本を松居直さんはどのように受け止めているのかというところも参考になります。

    思わず赤線をひきたくなるよな箇所も多いです。
    「松居直の良書紹介」といった内容です。
    紹介する絵本のどんなところがおすすめなのかが書かれてあります。
    赤ちゃん絵本は少なく、3歳〜8歳ぐらいまでの絵本が中心です。

    絵本ナビの『幸せの絵本』はママなどの投稿ですが
    こちらは福音館の相談役の方の感想なので、少し固い部分もあります。
    他の絵本ガイドよりもやや男性的。

    個人的にはパパに読んでもらいたい本です。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本体験をともにする歓び

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    私が絵本の素晴らしさに開眼するきっかけとなった松居直さん。
    その松居さんが、「大人のための絵本入門」と銘打って書いたガイド本。
    注目すべきは、単に大人が感動するという視点ではなく、
    あくまで、親子で絵本体験を共有する、という前提で紹介されています。
    超多忙だった松居さんですが、それでも、我が子に絵本や童話を読んでやったとのこと。
    「時間は作るものです。〜二十四時間をどう配分し、どう使うかは自分の判断です。」
    とても力強い言葉です。
    一冊一冊、この解説を読んでおけば、その作品の魅力も深く味わうことができると思います。
    おすすめです。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット