おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

前奏曲は、荒れもよう 」 みんなの声

前奏曲は、荒れもよう 作:今井恭子
絵:西巻 茅子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784834024418
評価スコア 3
評価ランキング 36,940
みんなの声 総数 1
「前奏曲は、荒れもよう 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あなたの「甲田先生」は?

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    へびに驚いて、土手を転がり落ちてしまった絵里子の怪我をあっというまに施療したおじいさん、鍼灸師の甲田先生。この甲田先生のおかげで、絵里子が悩んでいる母の再婚を反対する気持ちも少しず和らいでいきます。
    この絵里子にとって、まったく関わりがなく、そしておじいちゃんと呼んで良いほどの年齢の幸田先生が、なぜ絵里子に影響を与えたのでしょうか。

    今回の絵里子のように、親の再婚の話は、自分の抱えている悩みをどうすれば良いのかわかりません。当事者に聞くことはできないし、親類もまた同じ。そんなとき、「甲田先生」が登場してくれるとありがたい。
    まったく関係のない第三者の大人の意見を聞かせてくれたり、相談に乗ってくれたりと、父親や母親にはできないことができるからです。こういった「斜めの関係」となる人が、子どもに何人かいてくれると安心なのですが、昔と違ってそれが簡単にいかないのが実情です。
    もちろん、自分のおじいちゃん、おばあちゃんでも良いでしょう。きっと孫のことを一生懸命考えてくれるはずですから。町内会のおやじたちでも良い。同じ学校の保護者でもいい。小さな家族という枠を超えた関係を作っていくことが大人の役割ではないでしょうか。

    『わたしのワンピース』の西巻茅子さんが、挿絵を書いています。絵本とはまた違った面を見せてくれていて、うれしくなりました。

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット