たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ごつん ふわふわ」 みんなの声

ごつん ふわふわ 作:谷川 俊太郎
絵:中野 正隆
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1977年09月01日
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,184
みんなの声 総数 6
「ごつん ふわふわ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音を現すことば

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    いろいろな音が生活の中にあふれています。
    それを子どもたちは、自分で表現する楽しさをだんだんと知っていきます。
    決まった言葉を使ったら、相手にもちゃんと伝わるなんて面白いですね。
    自分独自の表現をする子どもたち。
    それが、だんだんと同じ言葉を使うようになるのですね。

    この絵本は、文字が大きくはっきりとしているので、これから文字を覚えていく子ども達にぴったりだと思います。
    繰り返し読んで、その読み方でどんな時に使うのかがわかるでしょう。
    ぜひ、大人が読んであげてもらいたいです。

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出して読んでみよう

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    「さらさら」と砂場の砂が、指の間から落ちる音。
    「ぺたぺた」とどろ水の中で遊ぶ音。

    子どもたちが、普段遊んでいる場面の音を表しながら、お話がどんどんつながっていきます。誰もが、経験した事のある遊びですから、とってもわかりやすいはずです。そして、絵も、あちこちつながっているので、自分でお話を組み立てていくこともできるはずです。

    掲載日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごくんがガラガラ!?

    色々な場面での音が上手く表現されているお話です。

    水を飲む時の様子は「ごくん ごくん」と書かれているのですが、3歳の子どもは「ガラガラ ペッ!」と読んでいます。

    コップと水=うがいを想像してしまうんでしょうね(笑)

    日常の場面が多いので、共感しながら楽しめる一冊です。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分が子どもの時を思い出しますよ〜

    • よち坊さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子1歳

    女の子の一日を、小さな子でもわかるような簡単な1音(1言)で書き綴った絵本です。公園で泥だらけになって遊んだり、大好きな人形を持ち歩いたり・・・。どのページを見ても共感してしまいます。自分もこんなことしてたっけなって感じると思います。

    1ページ毎に、その絵を表す一言がすごく的確にかつリズミカルに書いてあるところが好きです。一番好きな音は、女の子がお布団に転がったときの“ふわふわ”です。1日たくさん遊んで疲れて、最後にお布団に包まって、本当に気持ち良さそうな感じが伝わってきます。
    ちなみに、文は谷川俊太郎さんです。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬態語の楽しみ

    • ぴょ〜んさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    言葉を話し出す前に、擬態語にふれるのはいいらしいと聞いて、
    1歳11ヶ月の娘に読んでみました。

    私が弱虫なので、砂場のシーンなど(娘が真似したら嫌だー)
    などどはらはらしてしまいましたが、良い絵本だと思います。

    掲載日:2006/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生活の中の楽しい音

    谷川俊太郎さんの作品ということで読んでみました。
    女の子が公園で遊んでいる所から始まるのですが、さまざまな場面の音が出てきます。
    水を飲む時の「ごくん ごくん」や頭をぶつけた「ごつん」という音などとてもわかりやすい言葉ばかりです。

    どれも良くある事ばかりなので、子供も自分と女の子を重ねながら読めるのではないでしょうか。
    1977年に書かれたいお話なので、絵がどこか懐かしく感じられます。

    掲載日:2003/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット