だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

昆虫とあそぼう」 みんなの声

昆虫とあそぼう 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年
ISBN:9784924710306
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,673
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図鑑にはない、作者の経験からくる情報が盛り込まれている面白い絵本です。
    息子は虫が苦手ですがこの絵本は割と好きです。
    絵もリアルですし、大きいので見やすく、更にプラバンにハマっている息子はこれを写して虫を量産しています。虫嫌いなのに、笑。
    色んな遊び方で息子なりに楽しく利用しています。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい

    戸田デザイン研究所の英和じてんと和英じてんを持っていて、
    デザインが素敵なのだよなあ・・と気に入っているのですけれど
    この絵本もまた!とっても美しいです!
    私は虫はちょっと苦手なので、虫の絵・・というとやっぱり
    ちょっとひいてしまったりもするのですが、戸田さんの描かれた絵は
    きちんと実物のことを考えて描かれているのに気持ち悪くないです。
    見開き、左側が虫の絵で、右側がその虫についての説明なのですが
    右側の説明文と(絵)が、なんともかわいらしいせいもあるのかな?
    と思いました。
    娘のクラスには「虫博士」な男の子がいますが、そういう子は、もちろん
    喜ぶ絵本ですけど、そうでない、私や娘のようなちょっと苦手かも?
    な女の子などにも楽しく読むことができる絵本だと思います。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑のような絵本です。

    左ページにセミ、カブトムシ、トンボ、チョウなど、身近に生息する26種類の虫が描かれていて、実物の大きさも書かれています。
    右ページには、虫の居場所や特徴などが書かれています。
    虫を捕まえに出かけたくなるような絵本で、図鑑のようでもあります。

    掲載日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な虫に親近感がわきそう

    • よしの770さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳、女の子1歳

    虫が好きな息子に読み聞かせしました。
    かく言う母は、本物の虫は苦手なので、息子が虫を捕まえてきて
    色々と質問されても答えられずに逃げてばかりなので、
    前もって読み聞かせをしておく作戦です。

    息子がよく見かける虫がたくさんあったようで、
    「これ知ってる!」「この前いたよね!」と嬉しそうでした。
    普通の図鑑とは一味違って、体験に基づいた内容で
    こどもは虫に対して一層親近感をもつのではないかと思います。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な虫がいっぱい

    外で遊ぶときに、探そうとしなくても身近に見かける
    虫たちがたくさん。4歳の息子にも十分理解できる
    内容でした。へぇ、そうなんだ。と身近な虫たちに
    愛着を持ったようでした。

    とても細かくスケッチされている絵も実物の
    大きさが把握できます。近くで見ると
    こんなに大きいんだねと話していました。

    掲載日:2009/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫好ききはかかせない!

    3歳や4歳には分厚い図鑑は少し難しいし・・・と思っている時にこの本に出会いました。
    大きくハッキリと虫の絵が書いてあり、とっも見やすくて迷わず購入!!
    虫のきれいな色使いや羽の模様、手足の毛?!まで見えるので虫好きの子どもたちはかじりついてみていますよ!
    身近な虫たちばかりなので、小さい年齢から大きな子どもまで楽しめますよ!

    掲載日:2007/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昆虫とあそぶための本

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    今年の夏は、くわがたとシロスジカミキリムシがわが家の一員になりました。
    鈴虫も加わって、昆虫たちとの生活は楽しかったです。

    田舎に住んでいると、虫が怖いとか、気持ち悪いとか言ってはいられません。
    トンボの羽化を早起きして見に行ったり、せみの抜け殻をたくさん集めたり、
    楽しみに変えています。

    この絵本は、息子が1年生の時に贈ってもらいました。

    一緒に山に行って虫を見つけると、この本に書いてあることを思い出して説明してくれました。

    掲載日:2006/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなファーブル!ぜひ、オススメ!!

     こんな絵本があるなんて!!、と感動しました。
     夏の間、我が家では虫とのお付き合いが盛んでした。パパがカブトムシを飼育したり、野原でバッタやカマキリをつかまえたり、近所のお兄ちゃんからセミをもらったり・・・。
     子供って、虫が大好きですよね。蝶よ花よと育てたつもりの我が家の姫も、だんご虫を素手で捕まえ、バッタを握りつぶし・・・(笑)親のほうが、「きゃー!!」と叫びたくなるようなこともしばしば。
     この絵本は、そんな虫好きの子供たちにとって、最初の図鑑になるんじゃないでしょうか。
     詳細に描かれた虫の絵と、その虫の生態や特徴について書かれている文章。大人が読んでも、「へぇ、そうなんだ」という内容もあり、さらに、実物大もある。
     キリギリスとバッタとカマキリの区別もつかない娘2歳ですが、散歩に行ったときに捕まえたカマキリを観察(?)しながら、この絵本を見ている姿に、「小さなファーブル!!」と感動している親バカな私です。

    掲載日:2006/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昆虫好きの子にお勧め

    • ミブノさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、男の子5歳、男の子3歳

    昆虫の居場所や昆虫についてのあれこれ書いてあります。絵もリアルで見やすいし、何といっても文字が手書きで親しみやすくそれでいて、結構大事なことも書いてあるんです。例えば、大きなはちが飛んできたら君はどうする?なんてあるんです。どうするかは見てのお楽しみ!

    掲載日:2003/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット