だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

にちようびだゾウ!」 みんなの声

にちようびだゾウ! 作:新井 満
絵:佐々木 マキ
出版社:サンリード
本体価格:\980+税
発行日:1982年06月
ISBN:9784914985202
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,515
みんなの声 総数 10
「にちようびだゾウ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆっくり眠たい

    佐々木さんだと思って読んでいましたが、文章は違う方でした。
    奇想天外な文章に、奇想天外のイラストレーター?絵本作家?の佐々木さんのタッグでした。親子ともども楽しませてもらってます。

    曜日の概念がない子供に日曜日ってはなしても理解できてないので、お父さんが休みの日っと話しました。

    ゾウくんが日曜日に遅くまで寝ていると、毎週珍客がやってきます。
    毎回家を壊して、家に入ってきます。
    最後の日曜日は読み手の家にゾウくんが家を壊してやってくるって話です。毎回家を壊して登場するので、息子はその辺が楽しいようです。佐々木さんのイラストの驚く表情が笑いをそそります。
    作者じゃないのでいつもの狐くんは出てません。

    大判の絵本なので見開きで登場するので迫力も満点です。
    内容ではなく、この面白くて非日常的なことが佐々木さんのイラストの相乗効果もあり男の子には大うけです。
    なんでこーなるのよって笑いながら聞いています。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 窓からお客様

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    日曜日、寝るぞうさん。そこに窓を割って登場するライオン。
    そして次の日曜日。また窓を割って登場するものが…。
    こんな変なお客様(←とは言えないかな)が毎日曜日、しかも窓を割って現れたらたまらないなーと読みながら思ってしまいました。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しんでくれました。

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子6歳

    少し学年が上の子供たちに読みました。
    ずっと、おとなしく、続きを楽しそうに聞いてくれていました。
    途中でつまらなくならないかと内心、心配していましたが、無事に終わりました。
    ゾウときりんさん、サンタさん、ウチュウジンとの掛け合いが面白かったようです。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなり迷惑な侵入者!

    2歳の息子が自分で図書館の棚から引っ張り出してきました。表紙の象に惹かれたようです。

    読んでみると、日曜日の朝に気持ち良く寝ている象が、毎週奇想天外な侵入者によって叩き起こされというもの・・・。

    あまりストーリーはなく、侵入の様子を楽しむもののようですが、息子は期待とは違ったようで、1度しか読みませんでした。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外な展開!

    朝寝が好きなゾウくんが、毎週日曜日に珍客に睡眠を妨害されるお話です。

    いままで、このようなストーリー展開の絵本に出会ったことがなかったので、読み進めながら最初はびっくり。でもこのへんてこで面白いお話に、読み聞かせている親の方がワクワクしてしまい、とても楽しめました。ラストもよかった!もうすぐ3歳の娘も、迫力ある挿絵と意味不明な展開に、はじめはキョトンと聞いていましたが、「まだ読んで!」とせがむくらい気に入ったよう。

    たまにはこういうシュールなお話も気分が変わっていいものですね!!

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉ありきのお話なのかな?と思いました

    息子が佐々木マキが好きなので、佐々木マキの絵に引かれて借りてきました。

    新井満といえば「千の風になって」が有名ですが、こんな絵本も作っているんだとちょっと驚きました。

    最初に「にちようびだゾウ!」という言葉ありきのお話なのかな?と思いました。

    日曜日の朝ごとに、安眠を妨害されるゾウ。絵が佐々木マキならではという感じで、たこあしっぽい火星人などは、とてもユニークです。

    発想はおもしろいと思いますが、オチが「ああそうなんだ」という感じで、おもしろ系の好きな息子にとって、「すごくおもしろかった」とは思えなかったようでした。

    掲載日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勢いあって

    • かちゃみさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    なんだか勢いで読み終わってしまう。乗りのイイ楽しい絵本でした。
    絵もカラフルで大柄で迫力あります。
    日曜日ゆっくり眠っていると、次々に誰かがやってきて、起こされてしまうゾウさん。
    ゾウさんの身になって考えるとラストの展開がスカッとして気持ち良かった。
    大きな声で読んであげると子供に大ウケ間違いなしです。

    掲載日:2008/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ???

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    絵がかわいらしく、絵本自体も大きく字も読みやすいと思い借りました。しかし今一つ内容が意味がわかりません。ゾウが寝てる日曜日の朝に決まって、いろいろな来客が現れます。ライオン、サンタ、宇宙人・・最終的にゾウは寝れず、おかしいと思い、家をでていきます。そして・・・ある男の子の家に場面が変わり・・ある日曜日の朝、そこへさっきのゾウがやってきて、「にちようびだゾウ」と言って入ってきます。そこで話は終わり。結局ダジャレ?がいいたかったのか?う〜ん今でもよくわかりません。旦那も読んでくれましたが、やっぱり??でも絵はやっぱりかわいらしく、親しみやすいものです。内容が理解できたらもっとおもしろかったのかな〜。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も朝寝だいすき

    日曜日、天下の休日にゾウくんがいい気持ちで夢をみていると、ガッシャーンとライオンくん。次週は、ガラガラ ドッシーン! とサンタさん。あれ、クリスマスは2週間も先だ。
    そしてその次の週にいたっては、ガリガリ バリバリ ジャンジャラジャーン! とウチュージン!!
    しまいにはゾウさんが走り出していきます。さあどこへでしょう……?

    絵がわかりやすく、娘はいっぺんにお気に入り。
    摩訶不思議な訪問客の、奇想天外な破壊音、ラストのとち狂っちゃったゾウさんの行動、母も読んでいて先が楽しみでした。
    ライオンぐらいならありそうですが、サンタとウチュージンという絵本はあまり見ないなあ。おもしろかった。

    お父さんはもとより、育児中の専業主婦だって、休日はゆっくり寝ていたいですよね。
    ものすごい音に寝ぼけ眼で見てみれば、あら息子はライオン? 娘はウチュージン? に見えるかもしれません。なんとなくゾウくんの気持ちがわかる母でした。

    掲載日:2006/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです!

    絵が、佐々木マキさんなので、息子とどんな面白いお話なのかと心わくわくして読みました。ぞうさんが主人公なのですが、色々な動物が登場して、面白かったです。うちゅうじんの登場に大爆笑でした。

    掲載日:2004/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット