キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ちょうちょのくに」 みんなの声

ちょうちょのくに 作・絵:ジビュレ・フォン・オルファース
訳:秦 理絵子
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784582832211
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,462
みんなの声 総数 7
「ちょうちょのくに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春ちょうちょが ひらひら飛んでいるのを 子どもたちは追いかけていく姿が目に見えるようです

    この絵本は 貴族の家系に生まれた作者が ちょうちょのくにを美しく描かれています
    あかちゃんの 青虫が緑のはっぱのジュースを飲んでいる様子や さなぎの子どもたちが 遊んでいる様子 とんぼのせんせいは 美しいですね

    サナギの子どもが 羽をもらう日 ちょうのはね 
    ちょうちょの はねは  はるの おひさまの おくりもの

    美しい言葉です

    ちょうちょは 嬉しそうに 春風の中を 飛んでいきます
    もんしろしょう もんきちょう 
    みんなの喜びが あふれています 

    つりがねそうが ひがくれるころに たいまつをもった ちょうちょたちが 歩く姿が神秘的です
    作者の最後の作品だと言うことです
    ちょうちょを愛する作者の美しい絵本だと思いました 

    掲載日:2018/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょうちょが(*^_^*)

    表紙がかわいくて、手に取りました。
    中の絵がまた、かわいい(*^_^*)

    リズミカルな詩のような文が美しい絵と一体になって
    独特な世界が広がります。

    ちょうちょの種類がいろいろ出てくるのですが
    ちょっと聞きなれないものもあり
    どんな蝶かネットで調べてみたりして
    (蛾じゃないかと思うものも・・・)
    面白かったです^_^;

    表紙だけでなく
    木の枝がちょうちょ型などに抜けてたりするページがあり
    細部まで凝ってます。
    本当に美しい!!!!

    掲載日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議でした

    絵がとてもきれいで、不思議な世界へつれていってくれるような絵本でした。ストーリーはそれほど、素晴らしいとは思いませんでしたが、絵が繊細で、眺めているだけでも、心地よいです。内容を考えず、妖精の世界にどっぷりはまるような、夢の中のお話のような感じです。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵と言葉が幻想的な

    • ひろ03さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    さなぎからちょうへと成長する様子を幻想的な絵と美しい言葉が歌のようにつづる絵本。
    さなぎたちを見守る美しい大人のちょうたち。
    そうやってそっと見守る大人の存在があって、美しい言葉があって、育つといいなあと思います。
    いらいらしがちな日常のなかで、ふと美しい世界へといざってくれる一冊。

    掲載日:2008/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • じんわりとあたたかい絵本

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    春に読みたい絵本です。
    表紙がすてきなデザインで、飛んでいるちょうたちも愛らしいです。
    絵画を見ているような絵で、ちょうたちの様子が紙芝居のようになっています。
    文章も詩的で美しいです。
    幻想的な最後のシーンはうっとりとします。
    読み終わって、あとからじんわりと感動が湧いてきます。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かに春を待つメルヘン

    ちょうちょの国ってこんな所なのよ、とメルヘンを加えて教えてくれています。静かに春を待つドイツならではのお話しだと思いました。
    ドイツ語では蝶々も蛾もdas Schmetterlingです。ここではひがくれてからとぶちょうちょ、ひるのちょうちょと表現されています。作者のオルファースが34歳という若さで亡くなってから出版された絵本なのだそうです。

    「そして わたしに おはなししてくれたのですよ」どんなお話しだったのでしょうか。自分で想像して考えてみるのも面白いのではないでしょうか。大切に読み継いでいきたい絵本です。

    掲載日:2006/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨーロッパの蝶?

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     聖書にでも出てきそうな感じの絵で、蝶の世界が描かれています。さなぎから、飛び立つまでを神秘的に伝えてくれますよ。
     ちょっと、終わり方がつまらない感じでした。

    掲載日:2004/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / あっちゃんとゆびにんぎょう クリスマス・イブのおはなし1 / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • ぞうのエルマー
    ぞうのエルマー
    作・絵:デビッド・マッキー 訳:きたむら さとし 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    5月26日は、エルマーの日。まるで体がパッチワークみたいにカラフルな、ぞうのエルマーが活躍します。


医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット