ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…

おひゃくしょうのやん」 みんなの声

おひゃくしょうのやん 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:まつおか きょうこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1984年
ISBN:9784834009583
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,792
みんなの声 総数 20
「おひゃくしょうのやん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 小鳥たちと仲良く

    お百姓のヤンは、せっかく巻いた種を鳥たちが、食べに来るので
    うちに帰って、かかしを作る材料をもってきます。
    顔がデッキブラシで面白い案山子ですが、小鳥たちは
    ちょっと考え込んでいます。
    でも種は食べなかったようです。
    代わりに、ヤンは、バードフィーダーを作ってあげます。
    かわいいお話です。

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  •  おひゃくしょうのやんの仕事が、鳥たちとの攻防(?)も交えてわかりやすく描かれています。加えて、やんの鳥たちへの優しさも描かれている、心温まる作品です。
     お百姓やエサ台、かかしなど、小さい子供が知らない言葉が多くて、質問攻めされた絵本です。そのぶん、お百姓さんの仕事についてかなりの知識を得たみたいで、息子にとって勉強になった絵本です。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お百姓の暮らし

    せっかくまいた種なのに、鳥に食べられては大変。
    お百姓のやんは、知恵をしぼりました。
    そして、かかしを手作りしました。
    かかしって、なかなか見かけないので、「これなーに」の質問攻めでした。
    鳥にとっても子供にとっても、かかしって奇妙な存在なのでしょうね。

    かかしで追い払うだけでなく、えさ台を作る優しさも感じられて良かったです。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミッフィじゃないけど。

    ミッフィ以外の絵本を読んでみました。

    種まきをして花を咲かすというお話。

    それまで小鳥が寄ってきて

    邪魔をされながらも頑張る。

    最後は小鳥とも仲良くする、花も咲く。

    とってもいいお話です。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いです

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘に読みました。やんくん、とっても可愛いです。一生懸命蒔いた種が鳥さんに食べられてしまっても怒ることひとつせずに知恵を絞って新たな作戦を考え実行するところがとても良かったです。そして、、、かかし。昔は色んなところで見れたんでしょうけど、今は本当に田舎に行かない限り見なくなってしまったかと。娘もかかしを見るのは初めて。とても興味深々でした。

    掲載日:2011/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブルーナの中でもオススメ!

    ブルーナといえば、赤ちゃん絵本。
    個人的には、物足りなく感じることが多いのですが、
    この本は読み応えがありました。

    おひゃくしょうさんの仕事、かかしの役割、
    やんの優しさ、見どころ満載です。

    うちの娘も、姿・形だけ知ってた「かかし」の
    役割がわかって、満足そうでした。

    赤ちゃんよりは、すこし大きな子にオススメです。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが花の国オランダ!

    おひゃくしょうというとお米か野菜作りを想像してしまう日本人の私。でも、この絵本に登場するやんは花を育てるおひゃくしょうのようです。さすがオランダ。顔が赤いのは日に焼けたせいでしょうか。なんともヨーロッパっぽさが感じられます。

    おひゃくしょうですから、かかしを立ててとりたちから作物を守らなければならないのですが、そんななかで、大工仕事をしてとりのえさ台を作り、あまった種をやるというゆとりある生活が印象的でした。

    人参を育てる『うさこちゃんのはたけ』と一緒に読むともっと楽しいと思います。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短いながら心暖まるストーリー

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ディック・ブルーナと言えば、ミッフィーで有名で絵については申し分ありません。
    赤、青、黄、白を基調に黒で縁取りした絵は、くっきりしていて、赤ちゃんでも理解し易いもの。
    しかも、絵も極限までデフォルトしていますから、人気があるのも頷けます。

    それに比してストーリーは、若干物足りないと思っていたのですが、この作品は中々のものでした。

    物語は、主人公のお百姓のヤンが畑に種を蒔くシーンから始まります。
    それを見ていた鳥たちが、種を食べてしまうのです。
    怒ったヤンは、案山子を立てて鳥たちを追い払います。
    でも、心優しいヤンは、鳥たちに種をプレゼントするのです。

    ストーリー自体も、短いながら心暖まるもので、とても上手く仕上がった作品だと思います。
    ファーストブックの次のステップにオススメします。

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさを忘れない。

    やんがお花の種を蒔くと鳥さんたちがやってきて
    種を食べちゃうので悩んだやんがかかしを作るという、
    ここまではよくあるお話ですが、
    最後にしっかりお花が咲いて、よかった、だけではなく、
    やんは鳥さんたちのためにえさ台を作ってあげて
    余ったお花の種をあげるという優しいお話でした。

    娘も読み終わったあと、
    「やんくん、優しいねぇ」
    と笑顔になってました。

    やんくんのように
    自分の幸せだけではなく、まわりにしっかり目を向けて
    人に優しくできる人間になってほしいと思います。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りの1冊

    海外絵本でかかしがでてくるのがめずらく買ってみました。
    おひゃくしょうさんにとってはせっかくのたねを食べられちゃうと大変だと思いますが、この絵本ではとてもおもしろく描かれています。
    娘は「これはうまい、これはうまい」とマネっこするのが楽しいようで、ブルーナさんの絵本の中ではかなりのお気に入りの絵本です。

    掲載日:2009/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット