雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

いぬのムーバウ いいねいいね」 みんなの声

いぬのムーバウ いいねいいね 作・絵:高畠 那生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784061323025
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,431
みんなの声 総数 8
「いぬのムーバウ いいねいいね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとぉ!

    ちょっとぉ!あなたほんとに不動産やさん?
    と言いたくなくるくらい、テキトーでした。
    見た目もあやしいし。

    でも、そのおかげで、じぶんの家が一番ということに気がつけたんですけど…。

    シュールすぎるのに、ハッとさせられる。
    新しいものに飛びつく前に、もっと周りを見渡してみないといけないですね!

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視点を変えて(^^)

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    犬のムーバウは、引っ越ししたくなり不動産やさんに出かけます。
    紹介されるのは、ちょっと変わった物件ばかり。
    最後にムーバウが気に入ったのは…?!

    最初に紹介された物件が犬小屋で、親子で笑ってしまいました。
    犬らしくないムーバウに犬小屋を紹介するとは、この不動屋さん、恐るべし(笑)!

    いろいろ見たけど、最後に落ち着いた場所に、私たちもホッ(^^)。
    「ちょっとした工夫だよ、工夫」のムーバウの言葉に共感しました。
    「いつもと違う、いつものお茶」ができて良かったね!
    最後は私たちも「いいね、いいね」と、笑顔になりました♪

    「ムーバウ」から始まるおえかきしりとりにも注目!!
    5歳の次女が、食いついていました(^^)!

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変わった家さがし

    このお話はいぬのムーバウが自分の家に不満があって、違う家に引越しするのに不動屋さんに相談しに行きお話でした。その不動屋さんが紹介する家が、野球場だったり、東京タワーだったりと普通では家にならないような建物を紹介する変な不動屋さんだったので面白かったです。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家が一番

    気分転換に引越ししたくなる犬のムーバウ。緑色の顔色をした不動産屋さんに行くとまずは犬小屋を紹介されます。いくらなんでもこれはないよ!と文句。いろんな家や東京タワーのようなタワーや船や球場を見ても、ウンと言いません。不動産屋さんもいらついて最後に見せた家が、、、ムーバウの自宅。ここが一番いいや、と思うムーバウ。

    自宅が一番安心するのも普通ですよね。満足することを知ること、あとは小さな工夫で何とかしてみることを提案してくれる本です。ちなみに、ラストについているしりとりが、今回の絵本の内容とリンクしていて面白い(もちろん全く関係ない単語もありますが)。おすすめです。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なおちゃができる家

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    高畠那生さんの絵本を私が好きなので、読んだことのない絵本を見つけると
    買ったり借りたりするのですが、高畠那生さんの絵本のなかでも、
    娘が一番喜んだのが、この「いぬのムーバウ いいねいいね」でした。

    ゆったり広いおしゃれな部屋で、『いつものおちゃ』をしていて、
    ふと引っ越しがしたくなるムーバウ。
    ここではないところで『いつものおちゃ』がしたいって気持ち、少しわかるなあ。

    そうして行った不動産屋さんが、連れて行ってくれたのは…ホームセンター?
    犬小屋?
    そりゃあ怒るよねえ(笑)
    犬小屋じゃ、お茶はできません!

    その次に連れて行かれるところも、その次も、意外で奇抜!
    そしてちょっぴり納得!?いえいえ、ツッコミ所満載でしたよ♪
    最後は娘も声をそろえて「いいねいいね」と言うほど、スッキリと終わりました。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにいいね

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    作者紹介に高畠さんの写真が!
    初めて拝見して嬉しかったです。まだお若いのですね〜

    息子は、高畠さんのおはなしが好きです。
    さらりとしたユーモアが好きみたいです。

    あまりに近すぎると、ありがたさを忘れてしまいがちです。
    こうやって、違う所を見ることも、たまには必要ですよね。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の家探し

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    引越しをしたくなった犬のムーバウ。不動産屋さんに連れられて、いろいろな物件を紹介してもらいます。
    高畑那生が描く絵がとても自由で生き生きとしていて、好感がもてます。犬が不動産屋を訪ね、ちょっと変わった物件を見てまわるというお話もおもしろい。
    ユーモアあふれる一冊です。

    掲載日:2006/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 連れていかれた先はホームセンター?

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    イラストも個性的で面白いし、(お話の)目の付け所も面白かったです。ただ、たまたますごく素敵な絵本を読んだ後だったので、比較してしまってはいけないのですが、それと比べるとちょっとレベル的に「まあ良い」かな?
    犬のム−バウはふとしたことで、引っ越しがしたくなりました。そこで、不動産屋に出けていくと、紹介してくれた先は、なんだか突飛なところばかり。
    一番最初に不動産屋が連れていったところが、ホームセンターの犬小屋のコーナーって、いうのがうけましたね。(すごい、ぼけと突っ込みって感じで)
    結局いろいろ見て回って、やっぱり元の自分の家がいい。というお話です。
    可愛げのない顔のム−バウと、愛想のない暗い顔の不動産屋が、なかなか素敵なコンビでした。

    掲載日:2005/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット