ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

新装版 ゆきのひ」 みんなの声

新装版 ゆきのひ 作・絵:佐々木潔
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2002年
ISBN:9784061322615
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,380
みんなの声 総数 11
「新装版 ゆきのひ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 雪かきは大変です

     雪というのはセンチメンタルですが、時に過酷でもあります。
     特に雪のほとんど降らない都会の人にとって、雪はあこがれのようなもの。降ってきたら、子どもたちの歓声が聞こえてきます。
     でも、雪国の人にとっては屋根の雪下ろしとか日々の生活に重くのしかかってきます。
     雪が降ってきたら、空を見上げて、雪国の人たちのそんな生活に少しは思いをはせてみるのもいいかと思います。
     この絵本のように。

     この作品で作者の佐々木潔さんは講談社絵本新人賞を受賞しています。(1980年)
     絵本を読むと、雪国の小さな駅の、雪の日の様子が淡々と描かれています。佐々木さんはきっとそんな世界で育ったのだろうと思ってしまいましたが、作者のプロフィールには東京生まれとあります。
     東京で生まれて育っても、こんなにうまく雪国の生活を描かれるのですね。
     雪にはそんな力があるのかもしれません。

     雪が降り続く駅の朝。駅員さんの仕事は、まずホームの雪かき。お客様が滑ったりしたら、危ないですからね。でも、この駅には都会の駅のようにたくさんの利用者がいるわけではありません。
     たった4人。
     でも、この駅がないと、この人たちは困ってしまいます。
     彼らが行ってしまうと、次は小荷物の送り出しです。
     都会に住む子どもたちに故郷のお母さんから何か送ってあげるのでしょうか。
     貨物列車が駅に到着しました。
     小さな駅に、新しい荷物が届きました。この中にはどんなものがはいっているのでしょう。
     雪は静かに、静かに、降り続けます。この絵本には文はついていません。
     読者は静かに雪の音を感じればいいのです。
     駅員さんは朝の乗客が帰ってくるまでに、またホームの雪かきです。
     やさしい駅員さんです。

     そして、夜になりました。どうやら、雪もやみました。空には大きな三日月が。
     きっと音も消えた、静かな夜でしょう。
     こんな素敵な「ゆきのひ」を、東京で生まれた佐々木さんはどうして描けたのでしょう。
     きっと、雪の日に降ってくる空を見続けたのではないかしら。

    掲載日:2016/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな駅

    「文字がない絵本なんて、どうやって読んだらいいの」と
    あまり乗り気でない娘の隣で、夫が萌えていました(鉄ヲタ)。
    私も文字がない絵本はわりと苦手ではあるのですが、のんびり
    と、静かに眺めました。雪の日ってほんとに静かなんですよねえ。
    世界中の音が消える感じ。たとえ駅でも。
    夜になってあかりが灯る感じや、雪がやんで、でも雪景色だから
    すごく明るい夜って感じが(蛍の光窓の雪ですものね)とっても
    素敵でした。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • アレンジ自由

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    字の無い絵本です。
    雪の日の駅の1日が描かれています。
    電車が大好きな息子は、電車がやってくるページになると
    「ガタンゴトン」と言って夢中で見ています。
    字が無いので、私が「駅長さんがいるね〜」とか「電車が来たよ」
    等、自由に話しかけています。
    そのおかげで、他の本では飽きやすく中々最後まで読み切れない息子も
    最後まで集中して読むことができました。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田舎の駅

    田舎の駅の一日が画かれています。田舎の小さな駅らしく、駅長さんがせっせ、せっせと雪を掃いたり、貨物列車から荷物を降ろしたりと甲斐甲斐しく働いている絵が登場します。雪国の田舎の駅の一日が絵を通して伝わってきます。乗客も4人と少人数ですが、会話が聞こえてきそうです。雪は、しんしんと降り続いて夜になって止んだのが印象に残りました。今、窓から大好きな木蓮の花を眺めながら感想を書いている私ですが、雪国はとても寒そうに感じました。真っ白に積もった雪が幻想的で神秘的で綺麗に感じ、絵本に見惚れている私です。

    掲載日:2011/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的作品

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    駅の一日を、たんたんと・・・

    文字もなく
    空の色がほんの少しずつ変化していますが
    雪はしんしんと降っています

    その中で
    たんたんと、駅では駅長さん?駅員さんが
    働いています
    指差し確認、雪掃き・・・
    利用するお客さん、荷物の搬送

    見開き全部を使っての貨物車が
    メリハリを与え

    私は、上を向いて雪を眺めているような駅長さんの姿が
    とても素敵だと思います
    顔に目鼻はありません

    それでも、なんとなく感じるのものです

    これが、毎日ですよ
    同じたんたんとした日々が

    雪国の人は、どう感じるのでしょう
    雪を知らない人は、どうでしょう

    群青の空が少し見え、雪が少なくなり
    月夜

    静かな時が流れる感じ
    詩的に感じました

    「ゆき」を改題とのこと
    内容は同じなのかな?と気になりました

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆきのひ、じっと見てみたいです。

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子8歳、男の子6歳

    文章のないページに子供がいつの間にか、駅員さんの目線で
    読んでいました。
    ページを追うごとに空の色が変わり、雪の降り様も変化して、
    駅員さんの動きも変わり、夜になり、駅には明かりがともった…。
    そう、時間は流れゆくものだけど、それを一瞬でも忘れていました。
    また聞きたい、子供が何を口ずさんでくれるか…。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田舎の駅の日常の細密画

    田舎の駅のありふれた日常を描いています。その描き方にとても細かい配慮があります。雪の日であることが、さらに膨らみを見せてくれました。
    言葉なしの絵本だから見る側に任されている部分が多いのですが、同じ佐々木潔の『なつのおわりのうみは…』に比べると、ディテールへのこだわりが多いだけに淡々とし過ぎているように思いました。
    田舎の駅。
    今ではあまり見かけないタブレット方式。
    単線で、上り下りの入れ替わりのある駅。
    この駅員さんは、雪かきをしたり、通る列車のタブレットを交換したり(タブレットの色が変わっているところがポイント)、客車に乗る人たちと話したり、貨物車の荷物の受け渡しをしたり、合間には駅舎の中で何かしている様子まで見せてくれます。
    朝早くから夜遅くまで働いているので(駅舎の中の姿も見せてくれます)、ひょっとするとこの駅舎で生活していたりするのでしょうか?
    駅名をさりげなく隠れるようにしているのですが、いろいろと細かい配慮があって、間違い探し状態になってしまう可能性もある絵本です。
    言葉のない絵本ですが、ぬくもりを感じる絵本。
    ですが、『なつのおわりのうみは…』で感じた心の描写に対して、淡々としている分余韻が少し少なかった分星ひとつ減らしました。
    佐々木さん、ごめんなさい。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字が書かれていない絵本です。

    開くとねずみ色の額に入った絵が......

    雪のふる駅....

    スーッと絵に吸い込まれていきます。

    文字がなくてもストーリーと

    駅の時間の流れが感じられる絵本でした。

    最後のページで自分の心が静まっていくのを感じました。

    掲載日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵だからこそ伝わる事

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    絵と絵の間の絵も頭に思い浮かべる事ができます。
    一日に、数本の電車しかこないのでしょうか。
    ゆったりと落ちてくる雪のように、時間もゆったりと流れていくようです。
    実際には電車の音があるのでしょうが、この音のない世界を文章を書かないことで体験できるように思います。

    雪の降らないところの子どもたちに薦めたいです。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挿絵が語る

    文字が一切ない絵本です。
    ある雪の日のある駅の一日を描いています。

    絵が語るということはこういうことなのかなあ?
    というくらい、シーンとしずまりかえった雪の朝。
    雪の音が絵本の中から聞こえてくるのでは?
    という錯覚を覚えるような絵本でした。

    1日を通して、たぶんこの駅には色々な音・出会いがあるんだろうなあ。
    雪が降っていようがいなかろうが、日々の日常ってまさにこんな感じなんだろうなあと感じる絵本でした。

    自分でお話を作るのもいいし、
    ただ挿絵を眺めるのもいいし、
    文章がない分色々な楽しみができるのではないかと思います♪

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット