雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

あげた おはなし」 みんなの声

あげた おはなし 作:中山 千夏
絵:安西 水丸
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784426875077
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,384
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おもしろいです!

    2歳の子はほとんど意味がわからなかったようですが、一緒に手を上げたり、片足上げたりしてそれなりに楽しかったようです。

    5歳の娘の方は、いろんな「あげる」にひとつひとつ、意味を確認していました。「こしをあげた」「どろはねあげた」などが聞きなれなかったみたいです。

    ちなみに「おいちに おいちに」もわからず、ゲラゲラ笑ってまねしていました。

    後半にはたからものをあげる、というテーマに変わります。
    だいすきな あのこにあげるときにはとってもいいきもち。あげるってうれしいね。

    すきでもないこにあげてみても、やっぱりいいきもち。

    だけどね。
    だいきらいなあのこはどうしよう?
    まだまだたからは のこっているの

    そのまま絵本は終わってしまいます。

    初めて読んだ日。娘は、いつもふざけていじわるをする男の子を思い浮かべたみたいです。
    「・・・あげない」と言っていました。

    それから何度か読んで、いつからか「あげる!だってあげるっていいきもちだもん」と言うようになりました。

    娘の気持ちの中で、何が変わったのかはわかりませんが、前半は笑って、後半は少し考えるきっかけをくれる絵本です。

    幼稚園くらいの子にちょうど良いと思います。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな「あげる」

    いろんなものを「あげる」お話。

    上げて、揚げて、挙げて、あげる。主人公はいろんなものをあげますが、一番最後だけ、嫌いな子にプレゼントをあげようか迷っているままエンド。

    オチがまだ分からない状態で終わるのも意外に良いものです。自分の子にもいろいろ考えさせることができ、自分でも少し考えてしまう。自分だったら嫌いな子にはあげたくないけど、子供には嫌いな子でもあげてほしい、、というちょっと矛盾した考えで、ちょっとわが身を反省しました(笑)

    掲載日:2011/04/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最後は子供と考えました。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    単純な絵・色使いがかわいい本です。

    「あげた」とは・・・

    手をあげる。
    てんぷらをあげる。
    こしをあげる。
    たこをあげる。・・・・・
    「あげる」って、すごく色々な言葉の意味があることに、親子で楽しめました。
    でも、最後はびっくりしました。

    「みんなにたからものあげよ
     どんどんあげよ
     だけどね 嫌いなあの子はどうでしょう?
     だいきらいなあのこは どうしよう?
     まだまだ、たからはのこってる」

    こんな文で終わってしまって、親としてはドキッとしました。
    でも、子供は、即答。
    「プレゼントをあげて、喜んでくれたら、好きになるかも」
    すっごく嬉しくなりました。

    掲載日:2006/11/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • あげあしとって

    「あげる」という言葉で展開していくお話です。
    仕組みがわかってくると、次にあげるのは何だろうと、謎解きの楽しみが生まれてきました。
    でも、宝物が出てきたところで、ちょっと息切れしてしまいました。
    人に物をあげるのは気持ちがいいかもしれないけれど、そこまでのリズムがなくなってしまったのが残念でした。
    大嫌いなあのこには何をあげたのかな?

    掲載日:2016/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • あげた  言葉あそびの絵本のおもしろさにも楽しめました
    キツネに あぶらあげ あげて お礼にもらった たからもの

    なかなか 夢が詰まっていて ステキな宝物もらったね

    人にものをあげるというのは  あげた本人が幸せになれると言うことなのですね
    確かに・・・・  もらった人も嬉しいけれどもね

    ラストは きらいなあのこは どうしよう?   まだまだ たからはのこっているの   
    さあ 私なら どうしようかな?  
    本当に嫌いな人だったら あげても 喜んでもらえないかもって 考えてしまいそうで・・・・
    でも 人それぞれの 答えの出し方があるね
    裏表紙の あげた たからものをちゃんと上に あげてるよ 

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    このお話の文は語尾が「あげる」の言葉遊びになっていました!!子供は言葉遊びが好きなので、この絵本を読んであげると、「あげるばっかり出てくる〜!!」って言いながら笑っていたのがかわいかったです!キツネに揚げをあげていたのだけは分かっていなかったみたい!!

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとに あげるってきもちいいものだね

    「がたん ごとん  がたん  ごとん」の安西水丸の絵だったので、おもわず図書館で手にした絵本です。
    孫は、「がたん ごとん がたん ごとん」の大ファンです。
    中山千夏は、歌手のイメージしかありませんでした。
    へぇ〜 なんか後半私の好きな展開です。
    宝物きつねさんからもらってもひとりじめしないで、みんなにわけてあげるのいいですね。よんでても、気持ちよくなります。
    とても大事なことです。嫌いな子にもきっと、あげたとおもいます。
    絵も、シンプルなのが、魅力です。
    きつねのあぶらげをもらったうれしい絵と女の子の絵がだいすきです。憎めない絵です。手にしてほしい絵本です。

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後もあげた

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    リズムがよく、言葉のおもしろさがヒシヒシ伝わってきます。
    ”あげた”って言葉、いろんな時に使うんですね。
    普段何気なく使っている言葉ですが、
    あらためて、並べられると、数の多さにびっくりしました。
    前半は淡々と”あげた”を味わい、観察して、
    宝箱がでてきたところから、
    何をあげる?と想像力を膨らませ、
    あげる喜び(やさしさ)をそっとささやいています。
    ”あげた”のリズムが続く中、
    最後のきらいなあのこにあげたのか?気になるところです。
    娘は宝箱からどんな宝がでてくるか楽しみにし、
    最後の答えはやっぱり「あげた」だそうです。

    掲載日:2008/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなあげた!

    今さらながら「あげた」というのはいろんな意味があるんだなと実感した絵本です。リズムにのってあげた、あげたと繰り返しがたのしい。そして最近いじわる気味な娘がラストで嫌いな子にプレゼントあげる?ときいたらあげるといったのですごく嬉しくなった絵本です。

    掲載日:2006/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「あげた」って、言葉の色々

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    中山千夏さんも、私の好きな作家の一人です。
    すごく簡潔な言葉で、駄洒落みたいになっていますが、この絵本を読むと、いろいろな「あげた」という言葉のニュアンスがあるのだと言うことが、自然に分かります。

    掲載日:2006/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット