庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

つぎはわたしのばん」 みんなの声

つぎはわたしのばん 作・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年09月
ISBN:9784323024493
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,714
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 分かります

    注射がテーマです。

    順番待ちしてる間はいろいろと考えて

    怖さが強まりますね。

    しかもみんな逃げ回って注射をしないで

    診察室から出てくるから、ますます怖いなと

    感じてしまう気持ちが伝わりました。

    一番おとなしそうなうさぎがあっさりと

    注射を終えたので、みんなもなんとか頑張れる

    そう思えるのも子供らしくてかわいいです

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気持ちをよみとる

    4歳の長女に読みました。
    とってもとってもよかったです!

    予防接種を待つときのドキドキした気持ちや勇気を出して前に一歩出る気持ちがとても丁寧に描かれていて、娘はまるで自分のことのように絵本の中の世界に入り込んでみていました。
    最後に注射をがんばったうさぎさんのことを、「すごいね!○○ちゃんもがんばれるよ!」と言っていて、友達のように言っていたのがおもしろかったです。それくらい絵本の世界が自然に入ってきたということでしょう。

    さすがいもとようこさん!
    このシリーズは他にも出ているようなので読んでいきたいと思います。

    掲載日:2015/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予防注射

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    はじめての予防注射をうけるみんな。
    注射を怖がって逃げる子続出で注射を受けた子のほうが少ないです。
    これではくまのせんせいも困ってしまいますね。
    うさぎちゃんが「注射は痛くないよ」と言っていましたが娘は「痛いよ」と言っていました(笑)。
    私がこどもを注射に連れて行くと同じく注射を受けるたいていの子はやはり泣いています。でも予防注射は大切だからがんばって受けてねー。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 注射

    5さいの息子達と一緒に読みました。息子たちは注射がそれ程苦手ではないのですがこのえほんを読んで注射って怖いんだ!と思ったようです。たくさんの可愛い動物達が出てきますが最初のくまくんがないてしまったので怖いのが伝染してしまったようですね。よくぞうさぎのミミちゃん頑張ってくれた!というかんじです。ちゅうしゃのまえにはこのえほんは読まない方がいいです。あんなにたくさんの動物達が怖がって注射しなかったので余計に怖がりそうです。でも息子達は絵本に出てくる注射待ちの動物達のようにドキドキしながら聞いてました。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 注射ってやっぱり怖い

    子供たちが、いもとようこさんの絵本が好きなので読みました。いもとようこさんの絵本らしく、かわいくてやさしいストーリーでした。
    初めての予防注射の日。友達が1人ずつ診察室に入っていくたび、中からは泣き声やさけび声が聞こえたり、シーンと何も音がしなかったりして、みみちゃんはどんどんと怖くなっていきます。注射って実は最初にやっちゃった方がいいんだよなぁなどと思いながら読みました。
    ただ、みんな注射を怖がり、受けないで診察室から出てきてしまっていたのが、そんなことあり得ないよなぁと思ってしまいました。
    注射のことを思い出してしまうからか、子供たちは一度読んだら「もういい」という感じでした。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっという間だよ

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳

    「つぎはわたしのばん」というタイトルで、
    注射する場面の表紙イラスト。

    ドキドキ怖いけど、頑張って注射を打つ内容なんだろうなぁ
    と想像がつきます。

    お友達がどんどん診察室にはいっていきますが、
    みんな叫んだり、抱き合ったり、おもらししたり、
    にげたり・・・
    みんな注射を怖がり、受けない子だらけなので、
    あまり怖がっていなかった我が息子が怖がってしまうのではないかと、
    心配になる展開で、読みながら私がビクビクしてしまいました。

    けれど、最後のミミちゃんの番で、
    お医者さんとお話している間に
    いつの間にか注射が終わっていて、
    「なーんだ! ちゅうしゃなんて、ちっともいたくないじゃなーい!」
    と一蹴してくれたので、
    は〜よかった・・・と思いました。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 注射の前のドキドキに

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、男の子6歳

    先日、インフルエンザ予防接種に連れていかれた息子たち。
    さすがに小学生になったから泣いたり騒いだりはしません。
    でも、「痛〜い」って小さく言ってました。

    そして、この絵本。思いっきり注射する場面が表紙で、
    タイトルなんて「つぎはわたしのばん」です。
    もう、ドキドキなはず。

    お友達がみんな、初めての注射でお医者さんの待合室に
    並んでいます。
    乱暴者のくまのごんたくんが、診察室を出てきたときに
    泣いていたことから、待っていたみんなは震え上がります。
    そんなに・・・痛いんだ。

    注射はドキドキです。しかも前の子は大声で泣いてたり、
    叫んでいたりというのがざらにあります。覚悟を決めて
    黙って受ける子は少数派。小さい子は特にです。

    注射に行く前のドキドキに、いいかもしれませんね〜。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット