あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

マウルスと三びきのヤギ 」 みんなの声

マウルスと三びきのヤギ 作・絵:アロイス・カリジェ
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,300+税
発行日:1969年
ISBN:9784001105568
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,176
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アルプスをこよなく愛したカリジェ

     表紙の絵を見て、「この子、ユキちゃんみたい」と言って、ベッドサイドに飾ってあるハイジのヤギの“ユキちゃん”のぬいぐるみを、白いヤギの横に並べていました。
     三匹のヤギの名前が、「シロ、アカ、チビ」と、見たまんまで(!)、単純だね、と笑った後、ページをめくるごとに増えていくヤギたちを見ながら、「もじゃすけ」はどれか、「星」はどれかと、それぞれ名前と結び付けていました。

     ふもとにあるヤギたちの水飲み場の風景が、ハイジの村のマイエンフェルトとそっくりで、ヨーロッパ留学中に訪れた懐かしい思い出が蘇ってきました。
     カリジェの絵は、その1枚1枚に、アルプスの自然をこよなく愛した彼女の心が表れていて、どの季節の風景からも、動物たちの表情からも、喜びが伝わってきます。
    眺めているだけで、しあわせになれる・・・そんな絵本です。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ヤギ飼いのマウルスと犬のチロはヤギたちを山へ連れて行くんです
    マウルスののびのびした様子に 逞しさを感じますケルン(小石を積み上げた道しるべ)で一休みして ヤギの数を数えましたが・・・・・
    シロとアカとチビも三匹の姿が見えません 
    さあ! たいへん!  マウルスの仕事に対する責任感 子どもといえどもすごいな〜
    そして 雨が降り嵐の中を 探し回るのです   ハラハラドキドキしながら 読みました  ドラマを見ているようです
    行動力のすばらしさ 自分は足をけがしても ないてなんかいません

    すごく 逞しく 生きる力を持っている マウルスは 少年といえども すごい  責任感が感じられます
    そして 見つかったときの喜びは 感動的です!
    みんなが心配して待っていてくれました

    こうした ヤギ飼いの少年の話は 今の子どもたちにも読んでほしい 感動してほしいと思いました

    小学生高学年なら自分で読めると思います
    おすすめです!

    スイスの山に生きる マウルスたちの生き方は人間らしくてステキだな〜と思いました

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後までがんばりました

    マウルスは夏の間は村のヤギたちを預かって、山の牧場へ連れて行く仕事をしています。
    マウルスがその間に泊まっている家には、三匹のヤギがいますが、ちょっとやんちゃのようです。
    でも、マウルスは油断してしまうのです。
    その結果・・・大変なことに・・・

    この絵本は大きくて文章も多いのですが、読み始めるとぐいぐいと引っ張られて、次の展開が気になって長さを感じさせません。
     
    マウルスがヤギたちを数える時の歌(?)が面白いのです。
    こういうリズムのある文章は、子どもたちを飽きさせないですね。

    けがをしてしまったけど、無事にかえってきたマウルスを、村の人々が温かく迎えてくれます。
    しかし、仕事は最後まできちんと責任を持ってさせます。
    読み手も自分が達成したような気持ちになれるでしょう。

    最後の絵にほっとします。がんばったからこその休息です。
    男の子におすすめです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ペーターが“ここに”います!」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    この絵本は少し前に読んだ作者の『ウルスリのすず』という作品とパッと見、似ていたので、同じシリーズなのかと思いましたが違いました。

    タイトルにあるようにメインのヤギが3匹登場します。
    主人公の少年、マウルスはヤギ飼いです。
    厳密には違いますが、この物語には《ペーターがいます》
    表紙絵を見たときから「(顔は違うけど)マウルスはペーターに似てるな」と、思っていました。
    子どものころにテレビアニメで見たあの、『アルプスの少女ハイジ』に登場する、ヤギ飼いの少年ペーターに、マウルスの立場がよく似ていているんです。
    (舞台が同じアルプスですから、似ていてもおかしくないんですけどね)
    大自然の中でならではのハプニングが起きてしまって、マウルスはとても大変な目にあいますが、そのマウルスの姿を追って、(作品に描かれている)山の森の中を一緒に覗けたのは、とても楽しかったです。

    物語の中で行方不明になってマウルスを困らせた3匹のヤギたち、
    シロ・アカ・チビはそれぞれ個性豊かな見た目と性格で可愛かったです。
    特に、チビの岩塩をなめているシーンはとってもキュートに見えました。

    最後にマウルスの部屋が描かれていますが、うちの下のて子はこのシーンを見た時、目を輝かせて
    「なんて、素敵な部屋なの〜っ!?」と叫んでいました。
    すごく降る作品で、今書店で買うのは難しいかと思いますが、図書館などで検索してもらえれば、手に入ると思います。
    とても素敵なシリーズです。たくさんの人たちに読んでもらいたい1冊です。
    興味のある人はぜひ読んでください。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気なヤギ飼い少年が生き生き

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    マウルスは、朝に村のヤギたちを連れて山の牧場に行き、夕方に連れて帰ってくるという「アルプスの少女ハイジ」のペーターと同じ仕事をしています。なかなか大変な仕事ですね。ヤギを数えないといけないし、天候は崩れるし、山道は険しいし、ヤギがいなくなれば探さないといけないし……。まさに命がけの仕事です。少年は、こうやってたくましく成長していくのですね。拍手を送りたくなります。文字数は多いですが、物語は難しくないので、我が家の5歳児と4歳児は『マウルスとマドライナ』と同様、熱心に聞いていました。それとも、この絵を熱心に見ていたというほうが正しいのかな。緻密で温かくて、すばらしい絵です。このシリーズの本は全部ほしい!

    掲載日:2006/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大自然の雄大さや怖さが伝わってきます

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    大好きなカリジェの本をレビューに載せていた方がいらしたので、嬉しくなってしまい、私もまた書いてしまうことにしました。
    前に『フルリーナと山の鳥』の感想を投稿しましたが、カリジェの原画展を見に行った時に、あまりにも絵が美しかったので、「フルリーナ」と共にこの本も購入しました。

    ヤギ飼いの少年マウルスが、山の牧場にヤギ達を連れて行き、途中でいなくなってしまった3匹のヤギを探すという、単純ですが、ちょっとドキドキするお話です。
    マウルスがヤギを探して走り回る山の厳しさや険しさが、絵から伝わってきて、読者も一緒にハラハラしながらヤギ達を探すのです。
    広々とした山の牧場の雄大さ、ゴツゴツとした岩壁の厳しさ、野生の動物たちが現われる森の深さ、そして急に天候が変わり降りかかる雨の激しさなど、自然の大きさが本いっぱいに広がっています。

    我が家の子ども達は、文章量が多くて説明的なせいか、今の所あまり熱心な読者ではありません。奇抜なものや展開のはやいものばかりではなく、こういう絵本にも目を向けてくれるといいと思うのですが。

    掲載日:2006/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ねないこ だれだ / しろいうさぎとくろいうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット