もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぜったいたべないからね」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぜったいたべないからね 作:ローレン・チャイルド
訳:木坂 涼
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年11月17日
ISBN:9784577044254
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,323
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すごくゆかい!!

    最近の娘の本の選び方はすごいです。
    どうしてこう面白いのばかり見つけてくるのか感心します。
    これも、娘が「おもしろそう」と選んできた一冊です。

    話が面白いのはもちろんのこと
    写真と絵が組み合わさった斬新なレイアウトが、実にユニークです。
    文字の強調の仕方や、配置、ときにはぐにゃぐにゃと書かれていたりと、
    なんだか読むほうも、演技指導されているような気になって
    ノリノリで読んでしまいました^_^;
    そして、キライな食べ物に、違ったでもそれらしい名前をつけるセンスがイカしています。
    ネーミング芸人として復活した有吉さんも顔負けというところでしょうかー。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • おにいちゃん うまいな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    すききらいが多い妹に食べさせようとがんばるおにいちゃん。
    見事に妹が食べないと言ったあれもこれも食べてくれます。この妹はたべずぎらいっぽいですね。
    おにいちゃん うまいなーと感心してしまいました。
    うちの子たちもやはりすききらいがあります。この絵本の手は残念ながら通用せず。
    でも、この絵本は気に入ったようです。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘大好きな1冊

    4歳長女が選んで借りてきた1冊です。長女が1歳少しの頃にテレビでこのお話をしていて、食いつき、このビデオを見せると泣き止み、すごくお世話になったお話です。「これがいい」と借りてきたときビックリしました。好きなものはかわらないのかな。

    お話はチャーリー(兄)が妹のローラのために、嫌いな野菜を頑張って食べさせようとするお話です。チャーリーの想像力がすごいです。ちょっと生意気な妹も可愛いです。是非読んでみてください。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お世話をしてくれるお兄さん

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    好き嫌いの多い妹と、それに手を焼くお兄さんのお話です。
    にんじんは、「えだみかん」。発想がユニークで、でも食わず嫌いには実際に効果があるかもしれないと思いました。

    なかなかの妹ですが、兄弟っていいものだなと思いました。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄ちゃんナイス!

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    パパとママは「いもうとのめんどうをちゃんとみてあげてね」とか
    「ごはんをたべさせておいてね」なんて簡単に言って出かけちゃう。

    でもいもうとは、ちいさくて、手がかかって、好き嫌いが激しいから
    ぼくは本当に大変なんだよ。

    にんじんはウサギのえさ。
    まめはちんちくりん。

    しか〜し。ある日ぼくはいいことを思いつきます。

    食べず嫌いの妹のために、
    にんじん→木星から届いた『えだみかん』といいます。

    え〜、そうなの?そんなもんなの??

    次から次へと出てくるものに大笑い。

    うちは兄ちゃんが食わず嫌いで、次男はよくわからないうちに
    食べちゃったり。

    最初の一口ってのが兄ちゃんより次男はパクッといけます。

    今度、みんなで食べてみようかなぁ〜
    「まんげつぶちゅっと」

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • うふふ。食べちゃったね〜!

    • ちーぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    好き嫌いが多くってとってもエラそうな妹のローラと、ちゃめっけたっぷりで、すっとぼけたお兄ちゃんのチャーリーのやりとりが最高です。
    写真のコラージュも面白いし、二人の表情がいい。
    テンポがいいから、読むほうも楽しくなってくる絵本です。
    もちろん、娘も楽しそう。

    ローラ「まめもにんじんもじゃがいもも・・・・・ぜーったい食べないからね!」
    チャーリー「あんしんしていいよ。まめもにんんじんも・・・きょうはみんなないんだ」

    えー!!いったいどんな献立にしたら食べなくてすむの??
    と、思ったら、びっくり。

    にんじんは、はるばる木星から届いた『えだみかん』だって。
    お兄ちゃんの口調にのせられて妹は「ちょっと食べてみようかな」って食べちゃった!

    お兄ちゃんすごすぎる〜。こんな調子で一つずつクリアしていく様子が本当に面白いし、発想・ネーミングがステキ。

    他のシリーズもぜひ読んでみたいです

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べず嫌い

    小さい頃は何でも食べてたのに、
    最近好き嫌いが増えたなぁ・・。
    我が家の悩み。
    そんなところに、ちょうどよい絵本があった。

    この絵本に登場する妹は、
    嫌いな食べ物がたくさん。
    決して食べません。
    しかしお兄ちゃんはそんな妹の嫌いな食べ物を上手に食べさせちゃいます。
    お兄ちゃんにかかれば、にんじんは「えだみかん」。
    宇宙の食べ物、ってことになっちゃうからです。
    妹は食べず嫌いだったみたい。
    どれも結構いけちゃいます。

    ウチもこの手で悩みを解決するか。
    でもお兄ちゃんみたいにポンポンいいアイディアでてこないな。
    う〜ん、お兄ちゃん、すばらしい!

    掲載日:2011/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子にも好感触♪

    食事で好き嫌いの激しい妹に、奮闘する兄の作戦は?!

    ウチの息子が2歳頃に、ある日突然
    「ブロッコリーいらない!!L(゚皿゚メ)」 」
    と言った時、私が必死に
    「これは ブロッコリー じゃなくて コブックリー だ!!
     似てるけど、全然ちがう味!! だから食べてみて〜」
    と説得したのを思い出しました(´-ω-`;)ゞポリポリ

     もちろん、我が家の息子は全然食べず。。。でも、悪戦苦闘の末、今や4歳 なんとか嫌いな物でも努力してくれるように♪ヘ(^ω^ヘ) 

    初めてこの本を読んだ時は、息子の反応が気になってドキドキしながら読みました。
     クールに「騙されてるよ」 って思うのか?
     それとも、「なんだ、その食べ物?」 と興味深々なのか?
     はたまた、「うそ?ほんと?」 と迷うのか?

     ちなみに2番目。まだ見ぬ新しい食べ物に興味深々。
    そこはやっぱり4歳児でした(。-ω-)ノ ウチの子は クモグチャラン に夢中で、「空の名前」と言う写真集を見ては、今日見た雲の名前を探して、「あぁクモグチャラン食べたいなぁ〜」と言います。

    食卓で 豆なのか?それともアメダマミドリなのか? と考える子供がとても可愛いので、超おススメです。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味覚が確立するまでが勝負かも

     “チャーリーとローラのお話し“シリーズから。
     チャーリー兄ちゃんすごな〜。
     ローラをあっという間に呪文にかけちゃって。
     子どもの食の嗜好は、期待できる流動的なもんだなと思います。
     ある程度の味覚が確立するまでが勝負かも。

     写真を交えたコラージュが、子どもにリアル感を持たせてくれます。
     グリンピースくんなかなか良かったよ♪

     大人の感性ではここまで、ローラを引っ張っていけないな。
     息子が好きなあのお野菜が、「えだみかん」というのに、親子で大笑いしました。
     
     当時、好き嫌いはなかったものの、相対的に量が少なかった息子に食べて欲しくって苦労しました。
     料理の中の食材を声色を変えて、「僕の事も食べて欲しいな。」とか、「お兄ちゃんもお姉ちゃんも、君のお腹の中に行っちゃった!僕も君のお腹の中へ入れてよ〜。ひとりぼっちお皿の上じゃ淋しいよ〜。」なんて、エネルギーを使うことをしていました。
     当の息子は、私の演技力の未熟さに笑いこけ、食事なんかそっちのけでした。
     食育を頑張っているお母さん、お疲れ様です。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄の秘策に拍手!

    アレも食べない!コレも嫌い!と好き嫌い全開の妹。
    そんな妹に、兄はある秘策を思いつく。それは…

    「まめ」→「あめだまみどり」といったステキな名前をつけていくのです。

    嫌いなものって、目で見た印象で拒絶してしまうんですよね。
    それを、物語性があるネーミングでうまくかわすことで、
    思わずどんなものか口にしたくなる、というわけ。
    こういうの、「頭で食べる」(耳で食べる?)っていうんですかね。

    偏食のお子さんをお持ちなら、共感しナルホド、となることウケアイ。

    ポップなコラージュの絵もイイ感じ♪
    ローレン・チャイルドは、この作品で2001年の
    ケイト・グリナーウェイ賞を受賞したのだそうです。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぜったいたべないからね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット