しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

だれかな?だれかな?」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

だれかな?だれかな? 作・絵:なかや みわ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784834019117
評価スコア 4.21
評価ランキング 15,626
みんなの声 総数 38
「だれかな?だれかな?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 想像力を膨らませる

    1歳9か月の娘に読んでやりました。いろいろな動物の一部だけあらわれ、それがどんな動物になっていくでしょう?というパターンで何種類かの動物が登場。おもしろいパターンだな、とかきりくちがおもしろいなど、想像力が膨らむだろうなと思います。ただ、あまりにも特徴がありすぎて身近でなかったり、観たことがないものもいるので、なんじゃこれ?と思ったこともあるのでは?娘は目の前で繰り返される不思議な世界にじいーっと見入っていましたよ。たまにはこういう切り口の絵本もいいかな?と思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 斬新な捉え方

    赤ちゃんの本ですが、とても面白くできています。
    色々な動物たちの一部が見えていて、次のページで答えがわかるようになっています。うさぎは白と黒のコントラストでいいのですが、黒いうさぎはちょっと怖いかもしれません。最後のページでもふくろうの目が光っていて、次のページでふくろうってのがわかるけど、せなけいこさんの「ねないこだれだ」を思い出すらしく怖がっていました。

    暗い色合いが多いのはうちの息子はちょっと苦手なよう。
    同じお子さんもいるかもしれません。怖がりの子どもにはオススメできないですが、魚の正面の顔とか面白いです。

    実際に水族館へ行けはばかるけど、こんな変な顔してるんだよって楽しめます。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズのような絵本

    お顔や身体の一部分をのぞかせている動物がねずみ、うさぎ、まんぼう、はりねずみ、ふくろうの順に出てきます!

    登場の際は、その動物の特徴を示す言葉がでてきます!

    1歳児のクラスで読むと、うさぎのページで頭の上にうさぎの耳をつくったり「ぴょん」と言ったり楽しんでいるようでした。
    クイズをしているような感覚で楽しむことが出来ました!

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    娘と一緒に読んだのですがシンプルで文章も厳選された言葉を使用しているのが娘の心をとらえたようでした。繰り返し使われる”だれかな?”という言葉にも反応を示すようになりました。娘の興味のある言葉が増えてとても嬉しいです。私が気に入ったのはウサギのページです。まさかこういう風に展開するとは!と嬉しい悲鳴をあげた程斬新な展開に息をのみました。親子で楽しめた絵本でした。

    掲載日:2008/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい絵で癒されます

    1歳2ヶ月の娘に読み聞かせました。
    かわいらしい絵が気に入ったので選びました。
    「だれかな?だれかな?」といろいろな動物が登場する絵本です。
    動物の顔に興味を持って、触ったりしていましたが最後まで集中はしていませんでした。
    でも、1部分だけでも十分楽しめる絵本なので読み聞かせをしやすかったです。
    私自身、かわいらしい絵に癒されていたので、1人で何回も読んでしまいました(笑)

    掲載日:2008/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「そらまめくんシリーズ」や「くれよんのくろくん」で人気のなかやみわさんが、あかちゃん向けの絵本に挑戦した作品。

    まず、表紙の絵。
    私にはオバケに見えてしまっていて、何で?と思っていたのですが、背表紙を見て、思わず納得。
    この発想、最高です。

    だれかな?だれかな?
    の質問の次のページで答えが分かるのですが、これがなかなか。
    ウサギのページなんて、芸術的でさえあります。
    5種類の生き物しか登場しないので、少し物足りない向きもあろうかと思いますが、そこは0〜2歳を対象にしているので、仕方のないところでしょう。

    この手の絵本は、結構デフォルメが効きすぎるきらいがあるのですが、忠実に対象を描いているので、とても好感が持てました。
    なかやさんのあかちゃん絵本に期待したいところです。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だれかな?だれかな?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット