庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ゼラルダと人喰い鬼」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ゼラルダと人喰い鬼 作:トミー・ウンゲラー
絵:トミー・ウンゲラー
訳:田村 隆一 麻生 九美
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年
ISBN:9784566001114
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,697
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これって本当にハッピーエンド?

    ウンゲラーのとてもスパイシーな絵本です。

    子どもたちを食べてしまうというとても怖い人喰い鬼。
    何も知らぬ無垢なゼラルダが、こともあろうに自分を食べようとして足をすべらせ気絶してしまった鬼を助けてしまいます。
    ゼラルダの作る料理に大満足の鬼は、仲間たちとともに子どもたちを食べることを止め、最後にはゼラルダと結婚して幸せに暮らしました?

    子どもたちを食べてしまうという、とてもインパクトのある恐怖感から良いひと人になったように思える鬼。
    ハッピーエンドだと人は言うけど、ウンゲラーの狙いはその上を行っているかもしれない。

    だって、最後の絵、子どもの一人が後にナイフとフォークを隠しているじゃないですか。
    そういえばゼラルダが人喰い鬼のために作った料理の豚の丸焼きの絵。
    その前ページでは荷車の中から豚が不安げに覗いている。
    ページをもう一度進めてみると、ロバが「いいのかなあ?」って顔をしている。
    鬼たちは子どもを食べるのを止めたけど、良い鬼になったなんてことどこにも書いてない。

    私は最後のページに「続く」と書いてあるように見えてしまいました。
    続編があれば、とんでもないどんでん返しがあったりして。
    これがウンゲラーの世界です。

    奥さんも同じようなことを言っていましたが、純真な子どもにこんな解説は無用です。
    ハッピーエンドでホッとしている子どもたちには内緒にしておきましょう。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    3

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゼラルダと人喰い鬼」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / くだもの / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット