十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おさるのジョージ としょかんへいく」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさるのジョージ としょかんへいく 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:福本 友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784001111026
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,581
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • またまたやってくれました

    めくってすぐに図書館の本棚の絵が

    かかれているんですが、さっそく食いつきました。

    絵本の背表紙にタイトルがかかれているんですが、

    ジョージの作者がかいたものをみつけて喜びました。

    気になってしまうとその好奇心を止めることができない。

    だからこそ、必ずハプニングが起きます。

    これやっちゃうとやばいんじゃないかな〜?のあとに

    予想通りの展開。

    ジョージのお話はホントに大好きです。

    5.6歳の子ならやってしまいそうないたずらなので

    思わず理解できてしまいました。

    掲載日:2015/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本好きのお子さんに!

    この頃おさるのジョージシリーズが大好きで、
    毎週10冊、ジョージシリーズを借りてくる息子です。
    この図書館へいくは、自分も大好きな図書館がお話の題材だからか、気に入っています。
    絵本を選ぶジョージの姿に、自分を重ねているのかもしれません!

    ジョージは次はなにをやらかしてくれるんだろう?
    そんなことにもドキドキしちゃいます。
    それも読む楽しみの1つではないかと思います。

    掲載日:2008/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎回、ハラハラドキドキ

    「おさるのジョージ」シリーズです。
    息子にとっても馴染みのある図書館が今回の舞台とあって、
    息子の反応も良かったです。

    そして、ジョージが息子と同じように恐竜が好きだということもわかって、
    息子もジョージに親しみが湧いたようです。

    ブックトラックが出てきてから、(またなにかやっちゃいそうだな)と
    予想がつき、息子とハラハラしながら読みました。

    このシリーズは、毎回、ジョージがどんなイタズラをやってくれるのか
    予想しながら読めるので、ドキドキしますね。
    でも、最後は回りのみんなが笑って済ませてくれるので、
    ジョージは恵まれているなって思います(笑)
    みんながやりたいイタズラをジョージが代行してくれているのが
    良いのかもしれませんね。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさるのジョージ としょかんへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / ちょっとだけ / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット