しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。

十二支のお節料理」 モロビとコゾリテさんの声

十二支のお節料理 作:川端 誠
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784892387418
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,594
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く
  • 十二支にネコがいないわけ。

     干支の本が読みたい。と5歳の息子が言った。保育所で教わって来て、順番に言えるようになったらしい。息子曰く、なんで干支に猫がいないのか、書いてある本が見たいということだった。
     図書館で探してみると、この本が見つかった。しかし、この本は、そういった内容は書いていなかった。作者の言葉によると、干支の動物がなぜ選ばれ、どのように順番が決められたかは、わかっておりませんとのこと。
     そこで、自分が子供の頃、コタツで祖父に聞いた話を思い出したので、それを話した。
     むかしむかし、神様が動物たちに集合をかけた。そこで到着した順番に十二支の順番が決まった。ねずみは小さかったので、牛の背中に乗っていって、到着寸前に飛び降りて、一等賞をとった。また、ネコは昼寝をしていて気づかなかったが、ねずみはネコが嫌いなので、声をかけなかった。という内容だった。
     まあ、そのうち息子自身が自分で調べるでしょう。
     本の内容はというと、お正月のおせちりょうりの準備の様子がきれいにかかれている。年末のせわしなさと、大晦日の静けさが伝わってくる。子供の頃の年越し準備のワクワクした感じを思い出した。

    投稿日:2005/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「十二支のお節料理」のみんなの声を見る

「十二支のお節料理」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / いないいないばあ / 14ひきのあさごはん / しょうぼうじどうしゃじぷた / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット