メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

ハグミーさんの公開ページ

ハグミーさんのプロフィール

ママ・40代・、女6歳

ハグミーさんの声

165件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う マナーを知らないペンギンくん  掲載日:2011/12/19
おぎょうぎのよいペンギンくん
おぎょうぎのよいペンギンくん 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: H.A.レイ
訳: 福本友美子

出版社: 偕成社
図書館で絵が可愛いと思って借りてきたら、思ったよりも文字数が多く、長いお話でした。南極からきたペンギンくんが、スープもパンも床に投げるのに、娘はビックリ。南極ではマナーなんて教わらなかったからと、アライグマがおぎょうぎを教えるために外へつれ出すというお話でしたが、1回読んであげただけで、飽きられました。お話自体は悪くないと思ったのですけど…。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 味のあるイラスト  掲載日:2011/10/31
セロひきのゴーシュ
セロひきのゴーシュ 作: 宮沢 賢治
絵: 茂田井 武

出版社: 福音館書店
宮沢賢治の作品は文体がちょっと取っつきにくいのですが、このお話は分かりやすい方だと思いました。子どもが喜ぶような動物がたくさん出てきて、奇想天外。娘は楽器好きなので、それもあってかなり気に入ったようです。絵がまた味があって良いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なファンタジー集  掲載日:2011/10/24
おしゃべりなカーテン
おしゃべりなカーテン 作: 安房 直子
絵: 河本 祥子

出版社: 講談社
挿絵が少なくて、最初、娘は余り惹かれなかったようですが、不思議なカーテンのお話に段々と「読んで、読んで」というようになりました。「枯れ葉の歌なんて聞こえる訳ないよ」と言いつつ、かなり気になっている様子でした。素敵なファンタジー集です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 変なお話♪  掲載日:2011/10/24
わかったさんのおかし(5) わかったさんのホットケーキ
わかったさんのおかし(5) わかったさんのホットケーキ 作: 寺村 輝夫
絵: 永井 郁子

出版社: あかね書房
いろいろなお菓子の作り方が分かるお菓子シリーズ、今回はホットケーキ。でも主人公は何故かクリーニング屋さんです。不思議なことが次々と起こり、読んでいて引き込まれます。娘もどうなるのかと興味津々で聴いていました。結局は夢落ちなのですが、娘は変な話!と楽しんでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お腹が空きます  掲載日:2011/10/17
おはなしりょうりきょうしつ(9) こまったさんのラーメン
おはなしりょうりきょうしつ(9) こまったさんのラーメン 作: 寺村 輝夫
絵: 岡本 颯子

出版社: あかね書房
いきなり不思議な世界に突入です。いろいろなラーメンの作り方が書いてあって、読んでいるとお腹が空いてきます。ラーメン大好きな娘は、興味深げに作り方を見ていました。絵もとっても可愛いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これは面白い!  掲載日:2011/10/17
かいぞくポケット(1) なぞのたから島
かいぞくポケット(1) なぞのたから島 作: 寺村 輝夫
絵: 永井 郁子

出版社: あかね書房
出だしからまず面白いです。早口言葉のような呪文を3回言わないと、読んではいけないのです。このパターンが章が終わる度に出てきて、娘はニコニコしながら「何それ〜」と面白がっていました。子どもの気持ちをがっしり掴んでいます。お話もいかにも子ども向けですが、次々と新しいことが出てきて飽きさせません。シリーズがたくさんあるようですね、続きも読んでみたいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 納得の贈り物  掲載日:2011/10/11
ちいさなろば
ちいさなろば 作: ルース・エインズワース
絵: 酒井 信義
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
クリスマスの素敵なお話です。主人公はろば、何とトナカイの代わりにサンタさんのお手伝いをします。そして望んだプレゼントというのが、納得の贈り物。優しい気持ちになれるお話です。娘もとても気に入っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 低学年にピッタリ  掲載日:2011/10/11
もん太と大いのしし 改訂
もん太と大いのしし 改訂 作・絵: 馬場 のぼる
出版社: ポプラ社
キャラクターの設定がしっかりしていて、お話もシンプルながらメリハリのきいた面白い物で、低学年の子どもが読むのにピッタリです。絵も可愛いですが、もん太と大いのししがとても魅力的。娘も大好きになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 低学年にピッタリ  掲載日:2011/10/7
ぞくぞく村のゾンビのビショビショ
ぞくぞく村のゾンビのビショビショ 作: 末吉 暁子
絵: 垂石 眞子

出版社: あかね書房
半分漫画みたいな作りで、小学校低学年の娘でも読みやすくなっています。お話も楽しいし、絵も可愛らしい。変なお話だね〜、と言いつつ、娘も楽しんでいました。ぞくぞく村の地図も載っていて、他のシリーズも読みたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きつねくんが可愛い  掲載日:2011/9/30
きつねの子(2) つりばしゆらゆら
きつねの子(2) つりばしゆらゆら 作: もりやま みやこ
絵: つちだ よしはる

出版社: あかね書房
文字が大きく、絵もいっぱいで、6歳の娘が自分でも読めます。きつねくんがとっても可愛くて、応援しながら読み進めました。でも結局、渡りきれないところでお終い。娘は「え〜、意味ないよ?」と言っていました。ここまで頑張ったところで、十二分に意味があるんですけどね。会えるのを楽しみに待っていた娘には、ガッカリだったのでしょう。続きがあるんだよ、と言うと、納得していました。
参考になりました。 0人

165件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット