きっとみんなよろこぶよ! きっとみんなよろこぶよ!
作・絵: ピーター・スピア 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
芸術の秋?!お留守番の間に、3人の子どもたちは、家で「大仕事」!
もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ

だれもわるくない
この本の素晴らしいところは誰も悪くない…

四パパさんの公開ページ

四パパさんのプロフィール

パパ・40代・大阪府、女の子10歳 男の子9歳

四パパさんの声

141件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 1巻レオン!  掲載日:2014/4/18
サッカーキッズ物語(1) 突撃ドリブラー・レオンの巻
サッカーキッズ物語(1) 突撃ドリブラー・レオンの巻 作: ヨアヒム・マザネック
訳: 高田 ゆみ子
絵: 矢島眞澄

出版社: ポプラ社
面白い!ホントに面白いです!!

今回主人公の突撃ドリブラー・レオンに、親友である最速の
アウトサイド・ファビ、一言もしゃべらないがシュート壮絶
のマキシ、親に内緒でサッカーをしているマルクスなど、
それぞれにドラマのある家庭環境があり、そんなみんなの
共通点はとにかくサッカーが大好きということ。

練習場にしていた広場を不良(太っちょミッチ、怪物クラー
ケ等まさに悪ガキでいい味出てます)に占領され、勝負を挑
むことになるワイルドサッカーキッズ。
仲間、監督、家族、それぞれの内面に抱える思いが丁寧に
描写され、認め合い、本気で勝ちたいがためにぶつかりあう
ストーリーに引き込まれます。
クライマックスも最高に盛り上がりますよ。

息子がサッカーをしていることもあり、多彩なキャラクター
達と、息子のクラブのメンバー達をリンクさせても面白いな
と思って借りて見ましたが、これは皆でハマりました。
最初は他のが読みたいと言っていた娘も、お母さんの夕食
台無し、窓ガラス破壊など次々と騒ぎを起こしていくメンバ
ー達に、「あっちゃー」と苦笑い、結局「もう1話見よ!」
と、息子と共に続きが気になる毎日になりました。
次巻は「疾風フォワード・フェリックス」、今度はどんな
展開が待っているのか、期待に胸が膨らみます。

お気に入りの場面
娘:「おぼえてろ!」ミッチはついに〜〜振っていた。
息子:マキシがシュートを蹴り込んだ〜〜ふっとばされた
僕:マルクスはまだ倒れたまま〜〜これぞマルクスだ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寿限無!  掲載日:2014/2/12
寿限無
寿限無 作: 齋藤 孝
絵: 工藤 ノリコ

出版社: ほるぷ出版
「うわー懐かしいな。」と思わず図書館で手に取り、齋藤孝
さんに工藤ノリコさんという素晴らしいタッグで注目せずに
はいられないこの作品ですが、際立つ絵の可愛さにテンポの
良さが秀逸で、自分で読んでいる時、子供達が覚えようと
繰り返している時、覚えた後家で言いまくっている時と、
「寿限無寿限無、五却のすりきれ、海砂利水魚〜〜」
を聞いている内、いつの間にか笑顔になってるというのが、
とにかく不思議で楽しい絵本です。

日本語の楽しさを肌で感じることができるので、まさにこれ
ぞ「声にだすことばえほん」だとしみじみ感じました。

お気に入りの場面
娘:名前が長すぎでこぶが引っ込むオチ
息子:「パイポパイポ〜長久命の長助」
僕:一つ一つが味わい深い、縁起のいい言葉
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 視線!  掲載日:2013/11/16
ぞうくんのあめふりさんぽ
ぞうくんのあめふりさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
じっくり児童書を見る時間がない夜だったので、「ぞうくん
シリーズ」3冊を通しで読んで寝ることにしたんですが、
もうすぐ10歳になる娘に8歳の息子の反応が思いのほか良
く、大きくてもこんなに楽しめるんだなあと驚きました。

まず「ぞうくんのさんぽ」で、力持ちのぞうくんが皆を背中
に乗せるのが頼もしく、「あめふりさんぽ」では意表をつい
てぞうくんが一番上になります。
そして「おおかぜさんぽ」で、また力持ちのぞうくんの出番
に待ってましたと嬉しくなり、3冊ともラストのハプニング
には、期待通りの大うけでした。

子供達は動物達の視線に注目し、かばくんがぞうくんを見て
る所、わにくんがかめくんを見てる所等を見つけては、
「見てるー!」「ここもー!」と喜んでいました。
子供達の特に気に入っている所は、「あめふりさんぽ」の
「うわーっ」以降のぞうくんの様子で、愛嬌のあるぞうくん
の表情や姿に笑いっぱなしでした。

お気に入りの場面
娘&息子:「うわーっ」→「あれっ」「ぞうくんが○○」
僕:動物達4匹の愛嬌ある表情や姿
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい したのパート2!  掲載日:2013/7/22
したのすいぞくかん
したのすいぞくかん 作・絵: あき びんご
出版社: くもん出版
昔は絵本ナビさんで情報収集して、図書館で絵本を借りる
ことが多かったですが、最近はほとんど子供達に任せること
が多くなりました。
偏らないよう図鑑や児童書を数冊は借りようと、図書館で散
策していると、「パパー」と息子がほくそ笑みながら急いで
駆け寄ってきて「これ!」と見せられたのがこの絵本です。
「したのどうぶつえん」を見た後だったこともあり、「パパ
俺見つけたで!!」とニコニコ顔で目を輝かせていた、息子
の表情がほんとに最高でした。

もちろん内容も最高で「くまんぼう」「すいかに」「すべり
たい」等魅力あふれる生き物に、金魚だけのページ、回文
だけのページなどアイデア満載、皆で1ページ毎に、どの
生き物が一番好きかを選ぶのを、十二分に楽しみました。
「ひとりひとで」の哀愁漂う後姿には、大丈夫!いいこと
あるって、と握りこぶしを作ってしまいますよ。

お気に入りの場面
娘:「いちごさんご」
息子:「ばななまず」
僕:「こぶたこ」
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい したの!?  掲載日:2013/4/19
したのどうぶつえん
したのどうぶつえん 作・絵: あき びんご
出版社: くもん出版
いやー、これは面白い!!
だじゃれは言葉遊びの基本ですよね!!

言葉遊びの絵本といえば、早川純子さんの「はやくちこぶた
」、齋藤孝さんの「おっと合点承知之助」、あきやまただし
さんの「へんしんトンネル」等へんしんシリーズが思い浮か
びますが、そういうのが好きな我が家の子供には、この作品
もいいんじゃないかな?と読み始めたところ、うえの動物園
じゃなくて、したの動物園って所から期待が高まり、
最初の「くまくるま」「とらとらっく」で子供達は
→ ニヤニヤ
「のこぎりん」「きりんご」で
→ 顔を見合わせてニヤニヤ
「ぞうきんぞう」「ぞうがめ」ときて「ぞうじき」で
→ 爆笑!
「わらいおん」「くらいおん」ときて「らいろん」で
→ みんなで大爆笑!
そこからも次々出てくる動物達を堪能しました。

電気を消した後、皆で「こあらいおん」「とらっぱ」など、
いろんな動物を考えながら寝るのが、また楽しいですよ。

お気に入りの場面
娘:おしろこぐま
息子:かばなな
僕:らいろん
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい ロボママ!  掲載日:2013/2/19
ロボママ
ロボママ 作: エミリー・スミス
絵: 村山鉢子
訳: もりうちすみこ

出版社: 文研出版
天才科学者だけど家事はダメダメ、そんなママの度重なる
失敗に、とうとう息子の勘忍袋の緒が切れます。
怒りが爆発した息子に「あなたは私のこと、何だと思ってる
の?ロボット?」と言い返した時、ママは閃くのです。
代わりに家事をしてくれるロボママを作ればと。

この児童書、古本屋で見つけた掘り出し物ですが、娘は読ん
だ後に「思ってたより面白かった」と、わざわざ本を持って
きて、どこが面白かったかを説明してくれるぐらい心に残っ
たようです。
ロボママのすごいきっちりしてる所が面白いと言ってページ
をめくり、生身のジェイムスからただのジェイムスに変わっ
た所、スネリングさんの「おろしてちょうだい!」のエピソ
ード等、気に入った場面をいくつか読んでくれました。

ユーモアにあふれる内容で、時折入る挿絵も面白くて読みや
すいおすすめの作品です。

お気に入りの場面
娘:ロボママのすごいきっちりしてる所
息子:ロボママとの楽しいやり取り
僕:ユーモアにあふれ、心温まるストーリー
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 微笑ましい!  掲載日:2012/7/11
ゴリオとヒメちゃん
ゴリオとヒメちゃん 作・絵: アンソニー・ブラウン
訳: 久山 太市

出版社: 評論社
手話で話すことができる賢いゴリラの「ゴリオ」は、友達が
欲しいと世話係に話します。
そんなゴリオの元にやってきたのは子猫の「ヒメちゃん」。
二人の交流は、文字なしで数ページに渡って描かれるんです
が、頭の上のヒメちゃん、一緒に眠る二人、並んでトイレと
何とも微笑ましいの一言です。
喧嘩しているシーンも一つぐらい入っていても良かったかな
と思いましたが、愛情たっぷりに描かれているゴリオの様々
な表情を見ると、作者のアンソニーブラウンさんがゴリラ好
きというのに、なるほど納得させられます。
クライマックスの空気を変えるヒメちゃんの一言には、本当
に感心させられますよ。

お気に入りの場面
娘:世話係が走り込んで来た時の、ゴリオの表情
息子:並んでトイレをしている場面
僕:クライマックスの空気を変えるヒメちゃんの一言
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 四角大王!  掲載日:2012/6/22
シカクだいおうとハナクソ・マルメル
シカクだいおうとハナクソ・マルメル 作・絵: 矢玉 四郎
出版社: 岩崎書店
丸いものが大嫌いなシカクだいおうが、地球を見つけて体を
震わせるほどの怒りを感じ、宇宙船で攻め込んできます。
地球に着いてからも丸い物に怒り爆発、何でも四角にしてし
まう、しかくピストルで片っ端から四角にしていきます。
りんごに玉ねぎ、動物達に乗り物、丸い顔のおじさんを手始
めにとうとう人間にまで被害が!!
なんと帰り際には地球、太陽、月まで・・・
もうこの世の終わりなのか・・・

というような悲壮感は全く漂わず、えらく壮大なお話がユー
モア満点にまとめられたおすすめの作品です!
ハナクソマルメル頑張ってくれーっと思うのは一瞬で、無表
情での有無を言わさぬ連続攻撃に、こっちのが怖いわと突っ
込みたくなりますよ。

お気に入りの場面
娘&息子:ほのぼのと丸いドーナツを食べる○○大王の場面
僕:無表情のハナクソマルメル
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい カブトムシ!  掲載日:2012/4/24
世界のカブトムシ
世界のカブトムシ 著: 今森 光彦
出版社: アリス館
いつも図書館に行った時には、図鑑系の物を1、2冊は借り
るんですが、この図鑑を見つけて中を見た瞬間、特に虫好き
ではない僕でも最初の「世界最大のカブトムシ」ヘルクレス
オオツノカブトで「おおっ」、3匹目の「黒い海神」ネプト
ゥヌスオオツノカブトで「おおっー!」となり、その後次々
紹介されるカブトムシ達のかっこよさにやられました。

世界のカブトムシが、1匹ずつ見開きページで紹介され左ペ
ージに名前や生息地、右ページにカブトムシの写真が大きく
載っているのがとても見やすく、後半には実物大に並んだ
写真も掲載されていて、非常に充実した内容になってます。
またカブトムシ毎に付けられた通り名がかっこよく「ボリビ
アの悪魔」「全能神ゼウスの子」「フローレス島の乾いた風
」「毛深いアジアの珍品」と興味を惹かれます。

僕と同様に虫にはあまり興味を示さない息子ですが、この図
鑑は毎日お風呂上りに手にとって「かっこいい」と眺めてい
たのが印象的でした。
この図鑑、カブトムシ好きなお子さんだと、えらいことにな
るんじゃないかと思うくらいおすすめですよ。

お気に入りの場面
娘&息子&僕:
20匹目、「アジア最大の迫力」キロンオオミツノカブト
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい かんたん!  掲載日:2012/4/23
かんたんせんせいとペンギン
かんたんせんせいとペンギン 作: 斉藤 洋
絵: 大森 裕子

出版社: 講談社
最近、我が家は児童書を読むことが多くなりましたが、図書
館で見つけたこのシリーズは期待大!
作者を見るとなるほど納得の斉藤洋さんで「なんじゃひなた
まる」や「ナツカのおばけ事件簿」のシリーズで我が子の心
を掴んでますが、「かんたんせんせい」はそれらより字も大
きく、話もシンプル、一日で全然読み切れるとっつきやすさ
がおすすめで、早速今度は次巻を借りたいです。

夕方、氷山の上になぜかペンギンが大行列、「どうして、こ
んなにたくさんのペンギンがならんでいるのかというと・・
・」と最初の見開きページで??と先が気になります。
そして「もちろん、それにはわけがあります。」と次ページ
からの展開の早いこと、スピーディーかつユーモアたっぷり
の内容であっという間に読み切ってしまいますよ。
せんせいが頭から海に飛び込む所、リゲルの「ヒューン」に
「うわーい!」の所で子供達二人は顔を見合わせて爆笑
してました。
次々と新しいアイデアを出し、まずそれを自分でやってみせ
るせんせい、やる前からあきらめず、せんせいのアイデアを
とにかく試してみるリゲル、どちらも最高です!!

お気に入りの場面
娘:ぴょこぴょこぴこたんばびょんばびょんと歩くリゲル
息子:ヒューン、ヒュー、ヒュー、ヒュッと風を切るリゲル
僕:魅力たっぷりのかんたんせんせい
参考になりました。 1人

141件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中