かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!

はるたろーさんの公開ページ

はるたろーさんのプロフィール

ママ・30代・京都府、男の子6歳 男の子3歳

はるたろーさんの声

60件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う なるほど〜  掲載日:2016/11/30
このあと どうしちゃおう
このあと どうしちゃおう 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
おじいちゃんが死んでしまうところから始まるので
悲しいお話なのかな〜
小さい子どもには読みたくないな〜
と思ったのでが、最後はなるほど!!
子どもに夢や目標を持つことの大切さ、
みたいなことを教えることができる絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読みやすい  掲載日:2016/11/30
みんな びっくり
みんな びっくり 作: 長 新太
出版社: こぐま社
読もうとしたら代わりに、五歳の息子が読んでくれました。
全てひらがなで文字数も多くなくて読みやすいです。
そして下の子(三歳)も動物がたくさん出てくるので見入っていました。
読んだ本人にどういうお話だったか聞くと、
「悲しいお話」と言っていました。
確かに、いたずらされて、みんなに恐がられて
かわいそうな部分も多いですが、
最終的には仲良しにもどれてハッピーエンドです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お片付けしてね  掲載日:2016/11/30
いちにちおもちゃ
いちにちおもちゃ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
おもちゃって楽しそう、1日、おもちゃになってみよう!!
というところからお話が始まります。

おもちゃはクレヨン、コマ、塗り絵、など子どもたちがふだん遊んでいるものですが、
勿論、おもちゃの立場になったことはないでしょう。

見方を変えてみるとおもしろいですね♪
最後はおもちゃも頑張って遊ばれてくれてるので
大切にしよう、ちゃんとお片付けしよう、
ということを伝えることができる内容です。

普段はあまりお片付けしない我が子ですが、
この日はちゃんと片付けて寝ることができました!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外性!!  掲載日:2016/11/30
つきよのキャベツくん
つきよのキャベツくん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
表紙の絵と本のタイトルからは想像がつかない、
まさかのストーリーでした。
何となく、昭和のかおりがする、おだやかなお話をイメージしていたのですが、
話の序盤からトンカツが歩いてきてビックリです!!
キャベツやらソースやらおいしそうな登場人物が出てきて
トンカツを食べたくなります!!
最後には・・・。
子どもに感想を聞くと、最後の場面が一番印象的だったようです。
他のシリーズも読んでみたくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 違った目線で  掲載日:2016/11/30
カエルのおでかけ
カエルのおでかけ 作・絵: 高畠 那生
出版社: フレーベル館
天気予報を見るカエルさん。
“明日はいい天気になりそう”という予報。
いい天気と聞くと、お日さまポカポカを思い浮かべる方がほとんどでしょう。
しかしこの絵本の主人公はカエル。
カエルにとってのいい天気とは雨なのです。

雨が降る中、ずぶ濡れになりながらおでかけを楽しむカエルさん。
雨の中、水の中、楽しそうな様子が描かれています。

普段、雨の日は気持ちが落ち込みがちですが、
こういった違った見方をすると楽しくなりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい レトロ感あり  掲載日:2016/3/8
いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう
いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 村岡 花子

出版社: 福音館書店
表紙からしてレトロ感がありますが、中も白黒で絵のタッチも古風な外国の絵本、という感じです。
カラフルな絵本はたくさん読みましたが、こういって絵本は手にとったことがなかったので、息子も珍しくて逆に目立っていたので選んだようです。
息子はまだ一部しか文字は読めないのですが、この絵本は文字数は多くても、ひらがなとカタカナなので、知っている文字を読もうとしていました。文字を覚えれば自分でも読めるところも良いと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 虫好きの男の子にはおすすめ  掲載日:2016/2/12
むしたちのかくれんぼ
むしたちのかくれんぼ 作: 得田 之久
絵: 久住 卓也

出版社: 童心社
保育園でこのシリーズが人気でいつも順番待ちをしているそうです。
虫の名前は本格的すぎて(正式名なので)、4歳では???という感じですが、たくさんの虫達が出てくるのが楽しいようです。
またかくれんぼという身近な遊びで虫達が遊ぶのも面白いようです。
虫達のじゃんけんもなるほど〜と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 母親としての自分を見つめ直す…  掲載日:2016/2/12
おかあさん だいすきだよ
おかあさん だいすきだよ 作・絵: みやにし たつや
出版社: 金の星社
いつもこどもにイライラして怒ってばかりな自分を反省しました。
こんな母親なのにこどもは「好きだよ」って思ってくれているのか、と、こどものありがたさを感じます。
この絵本を読んで、こどもの悪いところを注意するだけではなく、いいところを見つけて誉めてあげる、注意するときは言い方に気を付ける、と考え方を改めさせられました。
この絵本を読んでからこどもは、「ママ、ぎゅーってして」とよく言ってきます。
親子ともども温かい気持ちになる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプルな絵がこどもの想像力をかきたてる  掲載日:2016/2/12
11ぴきのねこ
11ぴきのねこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
自分も小さい頃に読んだ記憶があり、ストーリーは何となくしか覚えていませんでしたが、イラストは覚えていて懐かしさを感じました。

絵がシンプルなので、私が読んであげる前に、こどもが絵を見て自分でストーリーを想像しながらページをめくっていって読んでくれました。
それがだいたいストーリーが合っていたので、すごい!!と思いました。

しかしながら文字は意外と多いのでもう少し大きくなってからでも違った楽しみかたができると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいくておいしそう  掲載日:2016/1/19
パティシエのモンスター
パティシエのモンスター 作: かわむら げんき
絵: サカモト リョウ

出版社: マガジンハウス
とにかくかわいくておいしそうな絵本です。
モンスターたちがケーキを作るお話なのですが、
モンスターたちがかわいいのです。
モンスターというかゆるキャラのような愛らしさがあります。
でてくる果物やケーキも大変おいしそうです。
クリスマスの少し前に読んだのでクリスマスケーキがとても楽しみになりました。
参考になりました。 0人

60件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット